【こんなに差が出る】現役小学校教員が教える人生を楽しむ秘訣

【答えはこれだ!】図工で子どもを感動させる3つの褒め方

「上手い・上手」は禁句だしなあ
作品に正解がないから「よくできたね」くらいしか浮かばないよ…

こんな感じで図工の授業での褒め方で悩んでいるそこのあなた!

実はその悩み、簡単に解決できます!

答えはズバリ「感動すること」です!

3つのポイントを意識するだけ!

  • オーバーリアクションをする
  • 作品の良い部分を聞き出す
  • 「自由」から「選ばせる」考え方にする

ダイナミックな絵や、偶然が重なってできた技法などを、
一緒に驚いたり、褒めたりすることで、子どもたちは自信がつきます。

だからと言って漠然と「よくできたね」「すごいね」で済ませてはいけません。
何をどこにどう表現したのかなど、気づける部分はたくさんあるはずです。

本記事では、その具体的な褒め方のポイントをご紹介します
図工の褒め方で悩んでいた日々にサヨナラしましょう!

図工

オーバーリアクションをする

オーバーリアクションをすることで、子ども達は自分の作品に対して自信を持ち、それ以降の授業でのモチベーションアップに繋がります。また、他の子どもたちもその褒め方を聞いて、「自分も頑張りたい」良い意味で周りを巻き込むことができます。

子どもたちができた作品を見せてくれた時の例を見比べてみましょう。

  • 悪い例「お!A君上手にできたね。」
  • 良い例「おおお!A君すごいじゃん!ついに完成したね。おめでとう!」

いかがでしょうか?よく考えみてください。
やっとの想いで作った作品を子どもたちは見てほしいわけです。

これを、悪い例では「上手いね」「上手にできたね」で会話が終わるような形になってしまっています。

対して、良い例ではオーバーリアクションで褒めてあげることで、
子どもがもっと作品について話したくなるような形になっています。

オーバーリアクションは図工が不得意、嫌いな子にも有効です。
オーバーリアクションしつつ、会話を広げていくこと図工が嫌な認識の解消にも繋り、「自分が下手」という認識を壊すことができるからです。

このようにオーバーリアクションすることで得られるメリットは計り知れません。

ここに注意!

オーバーリアクションでも「上手」は控えましょう。
これは、「上手い」という言葉から「下手」を連想するためよくないからだと言われています。

  • 綺麗な線を描く=100点
  • 汚い線を描く=0点

極端な例ですが、こんな考え方をしていませんか?
これは間違いです。正解はどちらも同じ点数です。

マラソンをイメージしてみてください。走っている途中に走り方を指導することはありません。どんな走り方をしていてもゴールできれば問題がないからです。

図工も似ていて、「完成」というゴールに辿り着くことが大事なんです。それまでの過程は何も問題ありません。それだけ自由にやっていい科目だということを教えてあげましょう!

作品の良い部分を聞き出す

一方的に良いと思った部分を褒めればいというわけではありません。
子どもから「ここ見てほしい!」というポイントを聞き出す見つけ出すことが大事です。

そこでヒーローインタビューをイメージしてみましょう。
インタビュアーが先生でヒーローが子どもたちです。
以下の例を見てみましょう。

先生「ここの色使い素晴らしいですね!苦労したのではないでしょうか?」

A君「めっちゃ苦労しました。友達やお母さんに色の混ぜ方を教えてもらってできました。」

どうでしょうか?なんとなく、楽しそうなイメージが浮かんで来ませんか?
こんな風にインタビューをされたら嬉しいこと間違いありません。

質問を投げてコミュニケーションを取ることは当たり前のことですが、中には苦手な子もいることは珍しいことではありません。しかし、このようにインタビューすることでそういった子たちからも楽しく話を聞き出すことができます。

慣れてきたら2、3人同時インタビューも行うことができます。
上記で説明したオーバーリアクションと合わせることでより盛り上げることも可能です。

ここに注意!

その子が「ここ失敗しちゃったな」と思っている部分へのインタビューはしないようにしましょう。突かれたくない部分にフォーカスを当ててしまうと、それだけで図工が嫌いになりかねません

ただ、中には「先生、ここ失敗しちゃった。どうしよう」なんて自分から伝えてくれる子もいるでしょう。そんな子には魔法をかけてあげてください

先生「途中で諦めたら失敗だけど作品が完成してるから大成功だよ?」

このような言葉があるかないかで、その子の中の「失敗」という言葉のイメージが変わってきます
「ここにこの色を使って変な色になったけど、これは失敗じゃないんだ!」と思えるようになることで図工が楽しくなるし、のびのびと作業に取り掛かることができます。

「自由」から「選ばせる」考え方にする

 

図工の授業にあたって「好きなもの」や「自由」と言われると、なかなか手が動かない子がいます。私もかつてはその一人でした。当然、出来上がりは他の子より遅く、居残りの常習犯でした。このような状況を改善するためには、「自由に選ばせる」という考え方に変えていくことが重要です。

そこで、事前にいくつかのテーマを用意しておくことで、

子どもたちの

  • 「自由って何作ったら良いのかな?」
  • 「あれはいいのかな?でも描けそうにないから…」

という思考を

  • 「この中だったらこれが作りやすそう!」
  • 「これいいじゃん!これに○○を足してみよう!」

という思考に変えてあげることができます。

こうしてあげることで図工の授業に対して受け身だった子どもが、能動的に動いてくれるようになります。

ここに注意

テーマは多過ぎず、複雑すぎないものを選定してあげましょう。
結局、ここで悩んで「自由」な状況と同じ形になってしまうからです。

例として、「学校生活を送る自分」というテーマで自由に作品を作ってもらうとします。

そのときに、このようなマインドマップがあると子どもたちも決めやすくなります。

「運動…あっ、この前やったバスケットのゴールを作ってみようかな」

「理科の授業で実験をしているところをイメージして描いてみよう」

こんな声が聞こえてきたら子どもたちの楽しそうなワクワクした顔が浮かんできます
これには先生もニッコリなはずです。

掲載しているマインドマップはあくまでも例なので、言葉を変えたり、もう少し枝分かれさせることも可能です。

まとめ

子どもたちの心を揺さぶる3つの褒め方
  • オーバーリアクション
    これをするだけでも図工が苦手な子たちも安心!
  • インタビュー
    話すのが苦手な子でもプロ野球選手のような気分になれる!
  • 「自由」から「選ばせる」考え方にする
    テーマがなかなか決まらない子もこれで解決!

いかがだったでしょうか?
今回は、子どもたちの心を揺さぶる感動ポイントを3つご紹介しました。

子どもの時の感動体験は、大人になっても心に残ります。図工が苦手な子でも、褒められることで自信を持つことができます

そうなってくると「明日、図工あるから楽しみだな」と思ってくれる子どもたちが増えてメリットだらけなので、使う価値は間違いなくあります。

今すぐ使えるものばかりなので、ぜひ試してみてください。

 

 

友だち登録で無料プレゼントもらえます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です