【こんなに差が出る】現役小学校教員が教える人生を楽しむ秘訣

【必見】HSP教員の長所と短所とは?教員で働くのが辛い時の対策も徹底解説!

人間関係が常に気になって仕方がない…
いつも心配事や悩みが無くならなくて辛い…
何でもかんでも考えすぎて疲れてしまう…

 

このようなお悩みはないでしょうか?
もしかしたら、あなたの生まれ持った体質である「HSP」こそが、大きな悩みの種である可能性が高いと考えられます。

このブログを最後まで読んでいただくことで、

 

人間関係が常に気になるのは、実は長所だと気づけた!
たくさんの心配事や悩みを持っているのは私だけじゃないんだ!
深く考えるのはとても良いことなんだ!

 

と心から理解し、あなたの悩みが解決することを約束します!
今の体質の影響で教員生活に悩んでいるのであれば、今回の内容は非常に参考になります!

ぜひ最後まで読んでいってください!それでは早速まいりましょう!

 

HSPとは何か?

そもそもHSPとは一体何でしょうか?
HSPは近年で世間に広まりつつありますが、ここで改めて理解しておきましょう。

HSPとは、”生まれつき非常に敏感な体質を持った人”のことを表し、全人口の5人に1人がHSPと言われています。
HSPには大きく4つの特徴があるので紹介します。

・物事を深く考える
・過剰に刺激を受けやすい
・感情の反応が強く共感性が高い
・ほんの小さな違いによく気づく

 

この4つの特徴がすべて当てはまっている場合、HSPと言われています。
ただ全て当てはまってなくてHSPでなかったとしても、どれか当てはまる特徴はあるはずです。このような特徴から、HSP教員にありがちな具体例を紹介します。

 

・常に誰かから見られていると感じる
・子供に気を遣いすぎて疲れる
・他の先生と比べてすぐ落ち込む
・毎日の仕事の悩みが止まらない
・子供や先生から嫌われるのが怖い
・少しの失敗で強く落ち込んでしまう
・ストレス耐性がなくてすぐ疲れてしまう
・複数の業務を同時にこなすのが苦手

 

これを見たあなたは、「うわ、これは思い当たるかも…」が多いはずです。

補足
HSPはあくまでも「生まれ持った特性」であって病気ではありません。
なので重く受け止める必要はないということだけお伝えします。

もしHSPをより深く理解したい方は、下記サイトにて詳しく解説しております!
コチラからどうぞ!

 

「ここが辛い…」HSP教員の短所3選

次は「ここが辛い…」と感じるHSP教員の短所を3つ紹介します。

 

3つの短所
・いつも悩みが尽きない
・人間関係を気にしすぎる
・ストレスに敏感で多忙に弱い

 

それぞれ1つずつ解説します。

 

1つ目 いつも悩みが尽きない

 

1つ目はいつも悩みが尽きないことです。
HSPの人は、ささいなことで気づく特徴があります。
実際にほんの小さな出来事があると、ずっと引きずってしまうことから、教員としての悩みがなかなか尽きないことが多いです。

良くある具体例を紹介します。

 

・授業で話し方、テンポ、質問の内容などで他の先生に指摘される。
・保護者から理不尽なクレームを受ける
・子供、保護者、先生からのプレッシャーに気づいて、胃がキリキリする

 

どうでしょうか?このような具体例を見て、思い当たる場面があるはずです。
それもそのはず。実際の教員は一人で他の教員だけでなく、何十人という子供と保護者と向き合わなければなりません。

「教員としての役割を果たしているのか」という視線や雰囲気に敏感になり、「教員として嫌われない行動、発言をしなければ」と必死に頑張ります。

ただどれだけ頑張ったとしても、必ず何かしらのミスをします。当然ミスをしたら、他の教員から指摘されることは避けられません。

頭では指摘されるのはしょうがないと分かっていたとしても、指摘されたことをずっと引きずってなかなか悩みが消えないあたり、HSP教員の辛い短所と言えます。

 

2つ目 人間関係を気にしすぎる

 

2つ目は人間関係を気にしすぎることです。
これはHSPの特性である「感情の反応が高く、共感性が高い」場合にハマりやすいです。

そもそも教員というのは学校内といった、とても狭い環境下で生きています。
授業の時間以外は「職員室」で過ごすことになり、他の教員との関わりが密接になるからです。

特に苦手な先生が隣の席だったら、本当にしんどい時間を過ごすことになります。 「今の発言で嫌われていないかな…」「機嫌が悪いのは私のせいなのかな…」と毎回自分を責め続け、精神を病んでしまうことすらあります。

また他の先生に限らず、保護者との人間関係に悩まされることも多いです。中でもクレーム対応が一番つらいと言われています。

クレーム内容の具体例を紹介します。

 

・子供の接し方にクレームが入った
・部活の顧問をしており、チームの運営にクレームが入った
・学級運営についてクレームが入った

 

このようなクレームは、教員では誰しも経験したことがあるはずです。
共感性の高いHSP教員は「自分の何がいけないのだろう…」「このクレームは全て自分が悪いんだ…」 と、自分を責めて落ち込んでしまうことが頻繁にあります。

その都度人間関係で悩んでしまうため、教員としてやっていくにはかなり不利に働いてしまうのです。

 

3つ目 ストレスに敏感で多忙に弱い

 

3つ目はストレスに敏感で多忙に弱いことです。
HSPの特徴の一つに過剰に刺激を受けやすいがあり、精神的なストレスが積もりやすいことから、多忙に弱いと言われています。

教員の生活はとにかく多忙で、仕事の量が尋常ではありません。常にストレスがのしかかってきますので、全く気が休まらないのです。
どのくらいの仕事量なのか、具体例を紹介します。

 

・学級経営
・授業
・教材研究
・提出物の点検
・生活指導
・給食指導
・保護者対応
・部活指導
・行事準備
・事務作業
・職員会議

 

などなど、たくさんの仕事を一人でこなさなければいけません。全く気が休まらない程、常に仕事が襲い掛かってきます。このようなストレスMAXな環境において、ストレスに反応し過ぎるHSP教員は、教員生活が非常に苦しいものとなります。

「授業の進め方はどうしよう?」「宿題を確認しなきゃ…」「会議の準備をしないと…」などと、体と心が休まらないうちに、いつの間にか燃え尽きてしまっていることも珍しくないのです。

 

「ここがすごい!」HSP教員の長所3選

次にHSP教員の「ここがすごい!」といえる長所を3つ紹介します!

 

3つの長所

・細かい変化にいち早く気づく
・他人に深く共感できる
・人の役に立つと喜びを感じられる

 

1つずつ解説します!

 

1つ目 細かい変化にいち早く気づく

1つ目は細かい変化にいち早く気づくことです!
HSPの人は、季節の変化や、お店にある小物のちょっとした変化など、日常生活の小さな変化にも気づきます。 実はささいなことに気づく特性が教員で活かせることもあります!

具体例を紹介します。

 

・子どもの顔色がいつもより良くない、元気がない
・今日のあの子はいつもと行動パターンが違う
・あの子は今日に限って友だちの輪に入ってない
・授業中についていけてなさそうな子がいる

 

このようにHSP教員は観察力に優れているので、子どもの細かい変化に早い段階で気づくことが出来ます。子供からすれば、自分のことを理解してくれる教員は非常にありがたいので、心から信頼するのです!

この細かい気配りが普通の人にはない才能なので、使いこなすことが出来れば、クラス全体の雰囲気が良くなります!

HSPは短所しかないと捉えがちですが、特性を理解することが出来れば、他人に感謝される長所として重宝されます!ぜひHSPを逆手にとって使いこなしてください!

 

2つ目 他人に深く共感できる

 

2つ目は他人に深く共感できることです!
HSPは「とにかく共感性が高い」ことが特徴として挙げられますが、この共感性の高さを長所として活用することが出来ます!

例えば教員である以上、思春期で難しい時期の生徒には、共感性の高さが非常に役立ちます。 10代の子供たちは、 勉強、進学、友人関係、恋愛、夢など、あらゆることにたくさん悩み、傷つきながらも現実と向き合っていきます。

相談してきた子供に対して「ああしろこうしろ」とつい言ってしまい、言われた子供はムッとして、言うことを聞くことはなかなかありません。

しかし、共感性の高い教員は「そうなんだね。しんどかったよね。」と子供たちの感情を理解し、まるで自分事に置き換えることが自然とできるので、生徒の心の傷を癒します!

HSP教員の共感性は、生徒と深い信頼を築くことが出来るので、素晴らしい才能と言えるでしょう!

 

3つ目 人の役に立つと喜びを感じられる

 

3つ目は人の役に立つと喜びを感じられることです!
HSPの人は「物事を深く考える」ことが自然とできるので、一つの物事に真剣に向き合う長所があります!

例えば、教員であれば一人の子供としっかり向き合うことを諦めません。
子供にとって学校というのは勉強に限らず、これからの人生を左右する大切な場所です。

関わる教員の質、言葉、価値観が重要となってきます。どんな時代でも熱い心を持ってる先生は、子供たちから本当の意味での信頼を得られるものです。

その為HSP教員は、子どもの強みや得意を本気で考えるので、明るい未来に導くことができるのです!

 

教員として働くのが辛い時の3つの対策

 

次に教員として働くのが辛い時の対策を3つ紹介します!

 

 

3つの対策

・1人の時間を確保する
・嫌な人との関わりを減らす
・転職して環境を変える

 

1つずつ解説します!

 

1つ目 1人の時間を確保する

1つ目は1人の時間を確保することです。
HSPは非常に刺激に敏感で、とても疲れやすい体質を持っているので、一人の時間を過ごすことは欠かせません。

1人で過ごすことの具体例を紹介します。

 

・ゆっくりコーヒーを味わう
・散歩する
・楽しい思い出を日記に書く
・本を読む

 

このように裏を返せば、少ない刺激でもHSPの人にとってはとても幸せに感じます!
HSP教員はストレスが溜まりやすいので、あなたにとって最高の過ごし方を見つけて、実践しましょう!

体を大事にして体調を整えることで、元気な姿で翌日を迎えることが出来ます。元気な状態があなたにとっても子供にとっても喜びなのです!

「でも仕事が忙しくて残業が多いから、1人の時間なんて確保できないよ…」と思う方もいるでしょう。

その方に向けて、定時退勤の仕事テクニックを、コチラにて紹介しております!1人の時間を確保したいのであれば、非常に参考になりますので、是非読んでください!

 

2つ目 嫌な人との関わりを減らす

 

2つ目は嫌な人とのかかわりを減らすことです。
仕事として人と関わる以上、どうしても心から苦手な人は1人や2人はいるはずです。

無理をして相手に合わせようとすると、言いなり状態になるので、精神的に疲れ果ててしまいます。

苦手だなと思った人は、距離を置いて関わらないなど対策を取りましょう。 少しは気持ちが楽になり、仕事がしやすくなるはずです。

「実はHSP気質で疲れやすいんです…」と、事前にまわりに伝えるのも1つの手です。 話してみると意外と受け入れて貰えるだけでなく、手助けしてくれる可能性もあります。

もしも「HSPなんて甘え、ちゃんとしろ」と言ってくるようでしたら、その人は時代に取り残されたかわいそうな人です。一刻も早く離れましょう!

 

3つ目 転職して環境を変える

 

3つ目は転職して環境を変えることです。
そもそも教員として働くのが苦痛で仕方ない場合、転職して環境を変えるだけでも悩みを解決することがあります!

今の時代は転職が当たり前の世の中になっているので、転職に対するハードルも下がっています。もし「転職したいな…」と思っているのでしたら、迷わず転職活動することをおススメします!

ここで転職活動において注意点があります。教員で働いている人あるあるですが、 「教員以外の仕事は自分には無理」 と考えてしまい、視野が狭くなっていることです。
もしこのような考えを持っているのでしたら、今すぐごみ箱に捨ててください!

学校の教員に限らず、「人に教える仕事」でしたらたくさんあります。
一部の職業を紹介しますので、教える仕事の種類を知っておきましょう。

 

・オンラインスクールの講師
・インストラクター
・パーソナルトレーナー
・塾の個別指導

 

このように、「人に教える仕事」に限らず、全くの異業種に転職することだってできます!それこそIT関連の仕事や、デザイナーの仕事に未経験から転職する人だっています。

一度転職をすると、教員という仕事が過酷だったということに気づかされることもあります。土日に出勤することなんてなければ、平日の深夜まで仕事をすることがないのもザラです。教員以外の選択肢を自分で無くさず、まずはあなたに合った仕事探しをしてみてください!

転職をする際は転職エージェントを利用するのがおススメです!
中でもおススメの転職エージェントを3つ紹介します!

 

・リクルートエージェント
・doda
・マイナビエージェント

 

この3つは非常に評判が高く、しかも無料で利用することが出来ます!
エージェントの担当者が親身になってカウンセリングを受けたり、これまでの経歴からあなたの強みを分析して、適職を診断してくれます!

求人数も非常に多く、その分だけ優良企業がたくさんあります!
「転職したいけど、どうすればいいのかわからない…」といった悩みがありましたら、先ほど紹介した3社を登録して、相性の良さそうなエージェントを選び、転職活動を進めてください!

たった一度きりの人生です。悔いのない内に早く行動した方が、あなたの為になります!

 

まとめ

 

HSPとは
生まれつき非常に敏感な体質を持った人であり、全人口の5人に1人が当てはまる

 

HSP教員の短所まとめ
・ささいなことで引きずるくらい、心配事や悩みが尽きない
・他人の発言にすぐ反応するほど、人間関係に敏感
・ストレスの多い仕事に常に追われ、疲れ果ててしまう

 

HSP教員の長所まとめ
・人の変化にいち早く気づき、促すことが出来る
・共感性が高く、人の悩みを解決させることが出来る
・1つの物事に真剣に向き合うので、子供から信頼される

 

辛い時の対策まとめ
・1人でゆっくりする時間を確保する
・苦手な人はできるだけ距離を置いておく
・仕事を楽しめる為に転職して環境を変える

 

今回の内容を見て、このまま教員を続けるのか、転職するかは、最後はあなたが決める必要があります。

「HSPって何?」の補足でもお伝えしましたが、HSPはあくまでも特徴の1つであり、決して病気ではありません。あなたが仮にHSPだったところで、他の人より劣っているのは断じてあり得ないのです。

もし「HSPを克服しなきゃ…」と考えているのでしたら、「HSPを活かそう!」と前向きに考えてください。あなたの特性を前向きに受け入れることが出来れば、あなたの人生は今後大きく好転します!

あなたの人生がより素晴らしくなることを願って!
最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

友だち登録で無料プレゼントもらえます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です