【こんなに差が出る】現役小学校教員が教える人生を楽しむ秘訣

【GIGAスクール】オンライン授業につかえるクラスレクレーション5選

今すぐ使えるクラスレク5選

文部科学省が進める【GIGAスクール】構想でオンライン授業をすることが多くなったとおもいます。

オンライン授業は、教室で行う授業と違い、周りに友達や先生がいなくて一人でパソコンやタブレットに集中しないといけないから、45分間子どもたちに飽きずに授業するなんて無理‼

子どもたちに飽きずに授業するにはどうしたらいいんだろう?

そんな小学校の先生たちに、子どもたちが飽きずに授業が楽しめるようなクラスレクレーションを5選紹介します。

これを知れば、明日からオンライン授業の悩みがなくなります。

 

1.○☓クイズ

 

サムネイル画像

「今日の朝ご飯に、バナナを食べた人は拍手のボタンを押しましょう。

と言ったか感じの○☓ゲームはおすすめです。

「この問題の答えが〇〇と思う人は拍手のボタンを押してください。」先生から質問を出すことはオンライン授業でたくさんあると思います。

その際子どもたちには、リアクションをしっかりとってもらいましょう。そのほうが講義もしやすいし、授業自体盛り上がります。

あと、○の場合は、○のジェスチャーをして、☓なら☓のジェスチャーをしてもらう。なんてやりかたもあります。

あさの朝礼のときに、ZOOMごしにこの○☓ゲームをやるとけっこう盛り上がります。

2.モノさがし

探しものをしているヒトのイラスト(男性)

「黄色いものをお家から探してみよう。」

こんな感じで、テーマに沿ったものを子どもたちに家の中で探してもらうゲームです。

基本的に、ZOOMで授業中は、パソコンやタブレットの画面に集中しています。

こうやって家のなかでは動きがあまりないので、モノ探しのゲームを取り入れて動きがあるとメリハリがついて飽きずに楽しく過ごすことができます。

見つけたものを画面を通じて、みんなで見せ合えばまた楽しくなるとおもいます。

「正三角形のものをさがそう」

「音がなるものをさがそう」

と授業にも応用がききます。

 

3.脱出ゲーム

柵をすり抜けて侵入する人のイラスト

ZOOMで授業をしているときちんと子どもたちが、授業に取り組んでいるか不安になるときがありませんか?

パソコン切ってサボっていないかな?

画面を切ってしまうと授業に真面目に参加しているかわからないよね。

そこでプレッシャーを与えて、サボりを解消するゲームです。

やり方はこんなふうに

 

1.参加者全員をブレイクアウトルームの1つの部屋に送る(先生もその部屋に行く)

2.お題を出す

3.お題をクリアできたらブレイクアウトルームから退出する

子どもたちはブレイクアウトルームという「異空間」に連れてかれます。

そしてお題というミッションをクリアしなければその異空間から脱出することができません。

ハラハラ・ドキドキのスリリングなゲームです(^^)

お題はたとえば、

「都道府県を5つ紙に書きましょう❗」

「aからはじまる英単語を5つ書こう❗」

といった内容があります。

注意点として、ブレイクアウトルームでは2分程度経ったら全員戻ってこれる設定にしてあげると、スムーズに運営できます。

4.なんでもビンゴ

ビンゴ大会のイラスト(女性)

 

国語の授業のときに、ビンゴをとりいれてみると子どもたちにも変化がでて、飽きのこない授業になります。やり方は、

①担任がお題を出します。 例「都道府県」
これも学習している内容とリンクさせると、楽しみながら学べます。
(漢字ドリル○番にのっている字や熟語、地図記号、昆虫の名前、英単語など)

②子供達は、担任が言いそうな答えを9個考え、答えを3×3のマスに埋めます。

③担任は「都道府県といえば…○○!」と9個の答えを言っていきます。1列そろったらビンゴ!!

簡単ルールでみんなが大好きなビンゴも、ちょっとした工夫で学習に使えるようになりますね。ぜひ授業の導入に取り入れてみてください。

 

5.セイムカット

白鶺鴒, 鳥, Motacilla Alba, スズメ目, 屋根

このゲームは、セイム(SAME)を避けて高得点を目指すゲームです。

●遊び方●

全員1〜50の数字の中から1つを選び、手元の紙に書きます。(ロイロなどで担任に提出させてもOKです。)人数が少ない場合は、1~30にするなど調整してください

②50からカウントダウンしていって、自分が選んだ数字になったら挙手ボタンを押すようにしましょう。選んだ数字がそのまま得点になります。ただし、同じ数字を書いた人が他にもいたら得点なしです(0点)

③これを3~5ラウンドやって、合計得点が多い人の勝ちです!

50点や49点など、高得点が欲しいのはみんな同じ。

でも高得点を狙うとセイムになって0点になるかも。。。そんなジレンマが楽しいゲームです。

どのクラスにも大抵、50点狙いのギャンブラーがいて(そして高確率で数字が被って)盛り上がります。コンスタントに30点代を取った人が優勝することも多いです。

何度も繰り返し遊びたくなる。そんなゲームです。

アレンジルールとして、担任が選んだ数字と被ったらー10点とか、逆にボーナスで+10点などのルールを加えても面白いです。

まとめ

今回、授業で使えるレクを5選と題してご紹介しました。

1.○☓クイズ

2.モノ探しゲーム

3.脱出ゲーム

4.なんでもビンゴ

5.セイムカット

以上の5つです。どれも手軽に授業にと入れることができるものばかりです。

一度参考にしてみてください。

 

 

 

友だち登録で無料プレゼントもらえます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です