【こんなに差が出る】現役小学校教員が教える人生を楽しむ秘訣

【超過酷】教員の働き方は異常!?小学校教諭が教える「ここがおかしい」働き方3選!

教員の働き方はおかしいと聞くけど、どのくらいおかしいのかイマイチ…
教員になりたいけど、周りからやめとけと言われているんだよね…

 

こんなモヤモヤとした悩みはありませんか?
ニュースやネットでは教員不足が深刻化している1つの原因として、教員の働き方が普通ではないこと挙げられます。

働き方が普通ではないことは知ってはいるけど、なんとなくというだけで、実際はどのくらい普通ではないのかを理解している人はあまりいません。私も教員を勤める前は、どのくらい大変で普通ではないのか、あまり理解できていませんでした。

ところが実際に教員として働くことで、「教員の働き方は普通ではない」ということを痛感しました。

このブログを最後まで読んでいただくことで

なるほど、教員の働き方はこんなにも大変だということが理解できた!
教員になるかならないか、自分の意志で決めることが出来た!

 

と心から理解することが出来ます!
特に教員を目指すか迷っている人にとっては、とても有益になる記事になります!
ぜひ最後まで読んでいってください!それでは早速まいりましょう!

 

教員の働き方はネガティブな意見が多い

ネット上では「教員 働き方」を検索すると、教員の働き方について、大半がネガティブな意見ばかりです。

・給料が少ない
・休憩時間がない
・責任が大きすぎる
・仕事が多すぎて終わらない

など、数えきれない人達の阿鼻叫喚があります…
私も小学校の子供に教える立場である以上、首がもげるほど共感できる部分が非常に多いです。

長年味わってきた苦労だからこそ、今回共感できる部分の中でも、特に「ここがおかしい」働き方を3つ紹介します。

 

教員の「ここがおかしい」働き方3選

 

それでは、教員の「ここがおかしい」働き方を3つ紹介します。

おかしい働き方3選
・人間関係がとにかくつらい
・長時間労働と残業は当たり前
・全く休めない

それぞれ1つずつ解説します。

 

その1 人間関係がとにかくつらい

1つ目は人間関係がとにかくつらいことです。
人間関係と聞くと、他の先生、教頭、校長あたりを想像するかもしれません。しかし、教員同士の人間関係に限らず、子供と保護者の人間関係に悩まされる人がかなり多いです。

近年ではすぐ泣いてしまったり、感情が爆発して奇声を出すといった、傷つきやすい子どもが急増しています。 今までのような教育が全く通用しなくなっているのです。

特に傷つきやすい子供であるほど、教員からの叱りに対して敏感になります。
実際に叱られると保護者に「先生に叱られた」と伝え、 そこからクレームに繋がってしまうことも珍しくありません。

この傷つきやすい子どもの裏側には、傷つきやすい保護者が存在しています。 子供からの話を聞いただけで、冷静になれず感情的になってしまい、乱暴な口調から放たれるクレームで教員を追い詰めます。

クレームを受けた教員は当然対応しなければなりませんが、毎回対応するとなると、精神がすり減ってつらい思いをすることが多いです。

ネットやニュースで、世間から教師の仕事に向けられる視線が、どんどん厳しくなっています。

少しでも対応を誤ってしまうと、たくさんの人達から冷たい視線を浴びることになり、学校内の居心地が一気に悪くなってしまいます。

問題を起こさないように、教員側は子供の接し方にはとにかく慎重にならざるを得ないのです。

 

その2 長時間労働と残業は当たり前

 

2つ目は長時間労働と残業は当たり前という事実です。
つまり、それだけ仕事の量がえげつないほどあるということです。
どんな仕事があるのか、具体例を紹介します。

・学級経営
・授業
・教材研究
・提出物の点検
・生活指導
・給食指導
・保護者対応
・部活指導
・行事準備
・事務作業
・職員会議


などなど、数え出すときりがないほどの仕事の量があります…
「は?多すぎない?」と思われたでしょう。信じられないと思われますが、これを1人で全てこなさなければいけないのです。

どう考えても勤務時間内に終わるなんて、物理的に不可能に近く、定時に帰るのは幻想といっても過言ではありません。

教員の長時間労働や業務量の多さは、ニュースやネットでよく話題として取り上げられています。

自分の仕事をするのは、勤務中の時間ではなく、勤務外の時間から始める人もいます。勤務開始の1時間前に仕事をする人もいれば、深夜まで仕事をする人なんて珍しくありません。

最初は「全然仕事が終わらない…」と感じても、勤務時間内に終わらないという理由から次第に諦めてしまい、長時間労働と残業を大人しく受け入れてしまうこともあります。

冷静に考えると、明らかな異常っぷりであることが分かるはずです。

 

その3 全く休めない

3つ目は休憩時間、休日、プライベートの時間が確保できない程、全く休めないことです。これは2つ目の「長時間労働と残業が当たり前」と深く関係しており、仕事量が多すぎると必死に終わらせるために、休む時間、休む日を削らなければなりません。

1つの仕事が終わったと思ったら、次の仕事が常に待っている状態なので、全く気が休まることがありません。常に体と心にストレスが重くのしかかってきます。

さらには長時間労働で休むことができないこともあり、プライベートを犠牲にして働いている人も少なからずいます。 平日で終わらなかった仕事を、土日に持ち越して仕事をしている方もいるのです。

もし運よく早めに帰れる日があったとしても、疲れすぎて趣味を楽しむことすら出来ず、そのまま寝てしまうこともあります。ここまでくると、「教員は体力勝負こそ全て!」と言っても過言ではありません。

毎日のように仕事漬けになっていると、 「仕事ばかりでめちゃくちゃつらい…」 、「なんのために働いてるんだろう…」とネガティブな感情に押し潰されてしまいます。

最終的にストレスで体を壊し、仕事が出来ない状態になってしまったら、長期間自宅で休まなければなりません。

自宅で休んでいる間は、自分が持っている仕事が遅れるだけでなく、周りの先生に迷惑をかけることになってしまいます。この時「休んでしまって申し訳ない…」という罪悪感から、「休むことそのものが悪だ」という思考になります。

休まずにずっと働き続ける社畜が出来上がってしまうのです。

 

まとめ

 

おかしい働き方まとめ
・子供と保護者の対応が難しく、良い人間関係が築けない
・仕事量が異常に多く、長時間労働と残業は当たり前
・常に仕事に追われているので、休むことが出来ない

 

今回お伝えした内容を見て、「それでも教員になりたい!」という揺るぎない信念があれば、その信念は絶対に捨てないでください。

現実を受け入れて覚悟を持ち、ぜひ教員を目指してください!
あなたが教員になって、子供達の未来を導くことにやりがいを持つことが出来たら、非常に誇らしい職業になるのは間違いないでしょう!

あなたの未来の教員生活が充実することを願って!
最後まで読んでいただきありがとうございました!

>>現役小学校の先生が実践する人生を楽しむための秘訣を見に行く

友だち登録で無料プレゼントもらえます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です