【こんなに差が出る】現役小学校教員が教える人生を楽しむ秘訣

【衝撃】オンライン授業で得られる学校のメリットとは?実施方法も紹介!

オンライン授業で得られるメリット

 

  • オンライン授業って効果あるの?
  • オンライン授業ってちゃんと対応できるか不安。
  • オンライ授業ってやったことないから、やらなくていいよね。

 

うるぐす
わかります。初めてのことで不安ばかり。ボクもそうでした。

 

コロナ禍で学校が休校になったり、オンライン授業に切り替わったりしましたが、

 

みなさんはオンライン授業に慣れましたか?

 

ボクは、試行錯誤を重ねて、今では、様々な感染症で休まないといけなくなった時、家族が罹患して休まないと行くなくなった時、体は元気!!だったり、学校に来にくくなっている子どもたちや保護者の要望もあり、必要なときは全時間オンライン授業をしています。

 

オンライン授業は、インターネットを使って遠隔で行われる授業のことです。オンライン授業には、様々なメリットがありますが、実施方法によってもその効果は変わってきます。

 

今回は、オンライン授業で得られる学校のメリットと、効果的な実施方法について紹介します。

 

この記事を読めば、先生オンラインしていただいて本当にありがとうございます。と保護者から感謝され、休んでいる間の勉強が分からなくて不安になることがなくなったと子どもから感謝されます。自分のスキルもガンガンアップできます。一緒に学んでいきましょう。

 

オンライン授業とは

オンライン授業とは、インターネットを使って遠隔で行われる授業のことです。

コロナ禍で学校が休校になったり、オンライン授業に切り替わったりしたことで、多くの人がオンライン授業に触れたことがあると思います。

まずは、オンライン授業の種類と特徴について紹介します。

りょうちん
えっ!オンライン授業に種類なんてあるん?
うるぐす
そうそう。それぞれ特徴が違うからしっかりおさえてや。

 

オンライン授業の種類

オンライン授業には、大きく分けて2つの種類があります。

それは、ライブ配信型オンデマンド型です。

 

 

オンライン授業の種類
  • ライブ配信型:ライブ配信型は、リアルタイムで先生と生徒がやり取りできる授業です。先生はビデオカメラやマイクを使って、生徒に授業内容を伝えます。生徒はチャットや音声などで、先生に質問したり、意見を言ったりすることができます対面授業に近い形で学習できますが、決まった時間に参加する必要があります。

 

  • オンデマンド型:オンデマンド型は、あらかじめ録画された動画を見る形式の授業です。先生は動画を作成して、生徒に配信します。生徒は好きな時間に好きなペースで動画を見ることができます。自分の都合に合わせて学習できますが、リアルタイムで先生とやり取りすることはできません。

 

うるぐす
わかりやすいように、それぞれの特徴を比較してみるよ。

 

ライブ配信型 オンデマンド型
メリット – 対面授業に近い形で学習できる

– 先生とリアルタイムでやり取りできる

– 他の生徒と交流できる

– 好きな時間に好きなペースで学習できる

– 動画を繰り返し見ることができる

– 自主的に問題を解決する力が身につく

デメリット – 決まった時間に参加する必要がある

– 通信環境や端末の影響を受けやすい

– 集中力やモチベーションを保つのが難しい

– リアルタイムで先生とやり取りすることができない

– 他の生徒と交流する機会が少ない

– 学習管理や進捗確認が必要

 

それぞれにメリットとデメリットがあります。自分の目的やレベルに合わせて、最適なオンライン授業の種類を選ぶことが重要です。

オンライン授業は、学校の授業だけでなく、趣味や資格などの学習にも役立ちます。

 

オンライン授業が注目されている理由や背景

オンライン授業が注目されている理由

オンライン授業が注目されている理由は、以下のようなものがあります。

 

オンライン授業が注目されている理由
  • コロナ禍の影響:コロナ禍で学校が休校になったり、対面授業が制限されたりしたことで、オンライン授業が急速に普及しました。オンライン授業は、感染リスクを低減しながら、学習を継続することができるメリットがあります。また、コロナ禍で自宅にいる時間が増えたことで、趣味や資格などの学習にもオンライン授業を利用する人が増えました。

 

  • テクノロジーの進化:オンライン授業を可能にするテクノロジーも進化しています。例えば、高速で安定したインターネット回線や、高画質で高音質のビデオカメラやマイクなどが普及しています。また、AIやVRなどの技術もオンライン授業に応用されています。これらのテクノロジーは、オンライン授業の品質や効果を向上させる役割を果たしています。

 

  • ニーズの多様化:オンライン授業には、様々なニーズに応えることができます。例えば、地域や学校の制約を受けずに、全国や世界の一流の先生の授業が受けられます。また、自分の都合に合わせて、好きな時間に好きなペースで学習できます。さらに、多様な教材やコンテンツを利用できます。これらのニーズは、オンライン授業の魅力となっています。

 

 

オンライン授業の背景

オンライン授業が注目されている理由と合わせて、その背景も見てみましょう。オンライン授業は、近年に急速に普及しましたが、その歴史は意外と古くからあります。

 

以下に、オンライン授業の歴史的な背景を簡単に紹介します。

 

 

オンライン授業の歴史

1960年代:世界初のコンピュータ支援教育(CAI)システムであるPLATO(Programmed Logic for Automatic Teaching Operations)がイリノイ大学で開発されました。PLATOは、コンピュータと端末を接続して、教材やテストを提供するシステムでした。

 

1970年代:世界初の電子メール(E-mail)システムであるARPANET(Advanced Research Projects Agency Network)がアメリカ国防総省で開発されました。ARPANETは、コンピュータネットワークを通じて、メッセージやファイルをやり取りするシステムでした。

 

1980年代:世界初のオンライン授業プラットフォームであるEIES(Electronic Information Exchange System)がニュージャージー工科大学で開発されました。EIESは、コンピュータネットワークを使って、先生と生徒がテキストベースでやり取りするシステムでした。

 

1990年代:世界初のウェブブラウザであるWorldWideWeb(WWW)が欧州原子核研究機構で開発されました。WWWは、インターネット上の文書や画像などを閲覧するシステムでした。この時代には、オンライン授業プラットフォームの先駆者となるBlackboardやMoodleなどが登場しました。

 

2000年代:世界初の大規模オープンオンラインコース(MOOC)であるMIT OpenCourseWareがマサチューセッツ工科大学で開発されました。MOOCは、インターネット上で無料で提供されるオンライン授業のことです。この時代には、YouTubeやSkypeなどの動画や音声を利用したサービスも普及しました。

 

2010年代:世界初のAI教育プラットフォームであるKnewtonがニューヨークで開発されました。Knewtonは、AIを使って、生徒の学習状況や能力に合わせて、最適な教材や指導法を提供するシステムでした。この時代には、VRやARなどの技術もオンライン授業に応用されました。

 

オンライン授業は、コロナ禍の影響やテクノロジーの進化やニーズの多様化などの理由で、今注目されています。

また、オンライン授業には、1960年代から現在までに様々な歴史的な背景があります。

オンライン授業は、学校の授業だけでなく、社会人や高齢者などの幅広い層にも利用されています。

オンライン授業は、これからもさらに進化していくことでしょう。

りょうちん
こんなに歴史が古いなんて全然しらなかったわ。

 

うるぐす
ボクも調べるまでは知らなかったわ。

こんなに歴史があるなんてびっくり!

 

学校でのオンライン授業のメリット

 

オンライン授業には、様々なメリットがありますが、そのメリットは、生徒・教師・保護者それぞれに異なります。

今回は、学校でのオンライン授業には、生徒・教師・保護者それぞれにどんなメリットがあるのかを紹介します。

 

生徒にとってのメリット

オンライン授業には、生徒にとって以下のようなメリットがあります。

 

生徒にとってのメリット
  • 時間や場所にとらわれずに学習できる:オンライン授業なら、自宅やカフェなど、好きな場所で学習できます。また、通学時間や交通費も節約できます。自分の都合に合わせてスケジュールを調整できるので、効率的に学習できます。

 

  • 一流の先生の授業が受けられる:オンライン授業なら、地域や学校の制約を受けずに、全国や世界の一流の先生の授業が受けられます。専門的な知識や最新の情報を得ることができます。また、先生と直接やり取りできる場合もあります。

 

  • 自分に合った学習方法を選べる:オンライン授業には、ライブ配信型とオンデマンド型の2種類があります。ライブ配信型は、リアルタイムで先生と生徒がやり取りできる授業です。対面授業に近い形で学習できます。オンデマンド型は、あらかじめ録画された動画を見る形式の授業です。好きな時間に好きなペースで学習できます。自分の目的やレベルに合わせて、最適な学習方法を選ぶことができます。

 

  • 多様な教材やコンテンツを利用できる:オンライン授業では、テキストやスライドだけでなく、動画や音声、画像やグラフなど、多様な教材やコンテンツを利用できます。視覚的や聴覚的に学習することで、理解度や記憶力を高めることができます。また、興味や関心を持ちやすくなります。

 

  • 他の生徒と交流できる:オンライン授業では、チャットやビデオ通話などを使って、他の生徒と交流することができます。同じ目標や興味を持つ仲間と情報交換したり、励まし合ったりすることができます。また、異文化や異なる価値観を持つ人ともコミュニケーションすることで、視野や思考を広げることができます。

 

教師にとってのメリット

オンライン授業には、教師にとって以下のようなメリットがあります。

 

教師にとってのメリット
  • 授業の効率や効果を向上させることができる:オンライン授業では、教材やコンテンツをデジタル化することで、授業の準備や管理が容易になります。また、AIやVRなどの技術を使って、授業の内容や方法を工夫することができます。さらに、生徒の学習状況や成果をデータで分析することで、授業の効率や効果を向上させることができます。

 

  • 自分の専門性やスキルを発揮することができる:オンライン授業では、自分の専門性やスキルを生かして、様々な生徒に授業を提供することができます。例えば、特定の分野やテーマに精通した先生は、その知識や経験を生徒に伝えることができます。また、動画や音声などのメディアを使いこなした先生は、その表現力や創造力を生徒に伝えることができます。

 

  • 自分の働き方や収入を自由に決めることができる:オンライン授業では、自分の働き方や収入を自由に決めることができます。例えば、時間や場所にとらわれずに授業を行うことができます。また、自分の価値観や目標に合わせて、授業料や契約条件を設定することができます。さらに、自分のブランドやファンを作ることも可能です。

 

保護者にとってのメリット

オンライン授業には、保護者にとって以下のようなメリットがあります。

 

保護者にとってのメリット
  • 子どもの学習状況や成長をサポートすることができる:オンライン授業では、子どもの学習状況や成長をサポートすることができます。例えば、子どもの学習計画や進捗状況を確認したり、フィードバックやアドバイスを与えたりすることができます。また、子どもの興味や関心に合わせて、オンライン授業を選んだり、提案したりすることができます。

 

  • 子どもの安全や健康を守ることができる:オンライン授業では、子どもの安全や健康を守ることができます。例えば、感染症などのリスクを避けることができます。また、通学時間や交通費などの負担を減らすことができます。さらに、子どものストレスや不安などの感情を察知したり、ケアしたりすることができます。

 

  • 家庭内のコミュニケーションや関係性を深めることができる:オンライン授業では、家庭内のコミュニケーションや関係性を深めることができます。例えば、子どもの学習内容や感想などを聞いたり、話したりすることができます。また、子どもの学習に一緒に参加したり、応援したりすることができます。さらに、家族でオンライン授業を通じて新しい知識やスキルを学んだり、楽しんだりすることができます。

 

学校でのオンライン授業の実施方法

オンライン授業には、様々なメリットがありますが、それを最大限に活かすためには、いくつか注意する必要がある点もあります。

学校でオンライン授業を実施する際には、以下の点に注意する必要があります。

 

  • 通信環境や端末の影響を受けやすい
  • 体験学習が必要な授業には不向き
  • 生徒同士の交流は深めにくい
  • 映像授業では本人のやる気に左右される

 

通信環境や端末の影響を受けやすい

 

  • 授業前に通信速度や音声・映像の確認をする
  • バックアップの通信手段や授業資料を用意する
  • トラブルが発生した場合の対応方法を事前に伝える

 

オンライン授業では、通信環境や端末の影響を受けやすいことがあります。

例えば、ネットワークが不安定だと、画像や音声が途切れたり、授業に参加できなかったりすることがあります。

また、端末の性能やバッテリー残量にも注意する必要があります。オンライン授業を実施する前には、通信環境や端末のチェックをすることが大切です。

また、万が一のトラブルに備えて、バックアップや代替案を用意しておくこともおすすめです。

体験学習が必要な授業には不向き

 

  • 体験学習が必要な授業は対面で行うか、ハイブリッド型にする
  • オンライン授業では、実験や実習の動画や写真を見せる
  • 生徒に自宅でできる実験や実習の課題を出す

 

 

オンライン授業では、体験学習が必要な授業には不向きな場合があります。

例えば、実験や工作などの授業では、実際に手を動かして物理的な感覚や操作性を学ぶことが重要です。しかし、オンライン授業では、そのような体験学習を再現することが難しい場合があります。

また、生徒の安全や衛生面も考慮する必要があります。

オンライン授業で体験学習を行う場合は、事前に準備や指導を十分に行うことや、VRやARなどの技術を活用することなどが考えられます。

生徒同士の交流は深めにくい

 

  • ライブ配信型の授業では、生徒同士でのディスカッションやグループワークを行う
  • オンライン授業以外の時間にも、SNSやチャットなどで生徒同士のコミュニケーションを促す
  • 生徒の発言や質問に積極的に反応し、教師と生徒の距離を縮める

 

 

オンライン授業では、生徒同士の交流は深めにくい場合があります。

例えば、対面授業では、休み時間や放課後などに自然と生徒同士が話したり遊んだりする機会があります。しかし、オンライン授業では、そのような機会が減るかもしれません。

また、オンライン授業では、生徒の表情や声のトーンなどが伝わりにくいこともあります。そのため、生徒同士のコミュニケーションや関係性を築くことが難しい場合があります。

オンライン授業で生徒同士の交流を深めるためには、チャットやビデオ通話などを使って積極的にコミュニケーションを取ることや、グループワークやプレゼンテーションなどの活動を行うことなどが考えられます。

映像授業では本人のやる気に左右される

 

  • 映像授業の視聴率や理解度を測定し、フィードバックをする
  • 映像授業とライブ配信型の授業を組み合わせて、生徒のモチベーションを高める
  • 映像授業にもクイズやアンケートなどのインタラクティブな要素を取り入れる

 

 

オンライン授業では、映像授業では本人のやる気に左右される場合があります。

例えば、オンデマンド型のオンライン授業では、生徒は好きな時間に好きなペースで学習できます。しかし、その反面、自分で学習計画や管理をすることや、自主的に問題を解決することが必要です。

また、オンライン授業では、自宅で学習することが多いですが、自宅ではリラックスしすぎて集中力やモチベーションが低下することもあります。オンライン授業で映像授業を受ける場合は、事前に予習や復習をすることや、わからない部分は先生や友達に質問することなどが大切です。

また、静かで快適で集中できる場所を選ぶことや、学習用のスペースを作ることなどもおすすめです。

学校でオンライン授業を実施する際には、通信環境や端末の影響を受けやすいことや、体験学習が必要な授業には不向きなことや、生徒同士の交流は深めにくいことや、映像授業では本人のやる気に左右されることなどに注意する必要があります。

オンライン授業は、学校の授業だけでなく、社会人や高齢者などの幅広い層にも利用されています。オンライン授業は、これからもさらに進化していくことでしょう。

まとめ

オンライン授業は、時間や場所にとらわれずに学習できることや、一流の先生の授業が受けられることなど、学校のメリットを最大限に活かすことができる素晴らしい学習方法です。

しかし、オンライン授業を受ける際には、通信環境や端末の影響を受けやすいことや、自宅がオンライン授業に適した環境かどうかなど、注意点もあります。

また、オンライン授業には、ライブ配信型とオンデマンド型の2種類がありますが、それぞれに合った学習方法を選ぶことが重要です。事前に予習や復習をすることや、わからない部分は先生や友達に質問することなど、オンライン授業を効果的に活用するコツもあります。

迷っているあなたは、ぜひ一度短時間でいいので試してみてください。

友だち登録で無料プレゼントもらえます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です