【こんなに差が出る】現役小学校教員が教える人生を楽しむ秘訣

【必見】小学校にプログラミング教育を取り入れる目的とは?メリット、デメリットも解説

 

小学校にプログラミング教育を取り入れる目的が分からない…
プログラミング教育のメリット、デメリットが分からない…
子供たちの教育にどのような影響を与えるんだろう…

 

このようなお悩みをお持ちでないでしょうか?

2020年から、小学校にプログラミング教育が必修化になっているものの、必修化の目的やメリット、デメリットを理解している人はそこまで多くはありません。

私も当初は「何のためのプログラミング教育なんだろう?」だったり、「メリットとデメリットが全く分からないなぁ…」という状態でした。

ですが、今となってはプログラミング教育の目的を理解した上で、メリットとデメリットを理解することが出来ました!

このブログを最後まで見ていただくことで、

 

プログラミング教育の目的がハッキリと分かった!
プログラミング教育のメリット、デメリットが分かった!
子供たちにどのような影響を与えるのか分かるようになった!

 

と読者のモヤモヤを晴らすことが出来る内容になっております!
すでにプログラミング教育を取り入れている方であれば、目的を明確にした状態で授業を進めることが出来るので、教育のクオリティが10倍上がります!
それではさっそく本題に入りましょう!

 

小学校にプログラミング教育を取り入れる目的

まず初めに、小学校にプログラミング教育を取り入れる目的を知っておく必要があります。(すでに知っているのでしたらメリット、デメリットに飛ばして問題ありません)

プログラミング教育を取り入れる目的は、大きく分けて3つです。

 

目的

・論理的思考力を育てる
・各教科の学びをより確実にする
・コンピュータによって生活が支えられていることに気づける

なるほど!
子供たちに論理的思考力を育てることで、他の教科の学びに活かすだけじゃなく、今の生活がコンピュータによって支えられていると気づけるのね!

 

こんなザックリとした理解でOKです!
プログラミング教育をもっと詳しく知りたい方は、文部科学省が出しているコチラからご確認ください!

 

プログラミング教育を取り入れるデメリット

 

それでは、プログラミング教育を取り入れることで起きるデメリットを紹介します!

 

デメリット 本来の目的を忘れる

 

プログラミング教育は、子供にとってはゲーム感覚でするので、学習に意欲を持ちながら楽しく取り組むことが出来ます。

しかし、ここで忘れてはいけないのが、プログラミング教育の本来の目的です。
皆さん覚えていますか?

 

・論理的思考力を育てる
・各教科の学びをより確実にする
・コンピュータによって生活が支えられていることに気づける

 

でしたね。
この3つの目的を忘れてしまうと、プログラミング学習そのものが目的になってしまいます。これでは本末転倒になり、子供たちの教育に悪影響を及ぼしてしまう恐れがあります。

なので都度、「何のためにプログラミング教育をしているのか」を定期的に振り返りながら、授業を進めることが大切ですね!

 

プログラミング教育を取り入れる3つのメリット

 

それでは、プログラミング教育を取り入れるメリットを3つ紹介します!

 

メリット
・論理的思考力が身につく
・問題解決能力が身につく
・創造力が身につく

1つずつ解説します!

 

メリット1 論理的思考力が身につく

 

まず1つ目は論理的思考力が身につきます!
ここでいう論理的思考力を分かりやすくお伝えすると、「物事を正しく行えるように、1つずつ順番にこなしていく能力」になります!

例えば、LEGOブロックで好きな動物を作っている姿をイメージしてください。
この時あなたは好きな動物を作る時、その動物に合うブロックを選んで、1つずつ組み立てることを何度もしますよね?

このように、「物事を正しく行えるように、1つずつこなしている」というのが、論理的思考力になります。この論理的思考力を、プログラミング教育で身につくことが出来るというメリットがあります!

プログラミング教育を取り入れる目的にも「論理的思考力を育てる」とありますので、それだけ重要であることが分かります!

 

メリット2 問題解決能力が身につく

 

2つ目は問題解決能力が身に付きます!
日常で起きている問題を解決するためには、文字通り問題を解決するための能力が必要です。

なので一度身につけてしまえば学校生活、私生活、社会生活において、素晴らしい力を発揮することが出来ます!他人に頼りっぱなしよりも、自分の力で解決できた方が、子供にとっても先生にとってもいいこと尽くしであることには間違いはありません!

その問題解決能力を身につける為に、プログラミング教育が有効です!
プログラミングの課題を実際に取り組む時は、必ず何かしらの問題に直面します。

この時に「どうすれば問題を解決できるか」を、自分の頭で考えて行動することを何度も繰り返すことで、だんだん問題に取り組む姿勢ができるようになるのです!

 

メリット3 創造力が身につく

 

3つ目のメリットは創造力が身につくことです!

 

「アニメに出てくるようなロボットを作って、街中を突っ走ってみたい!」
「アイドルみたいなかわいい洋服を作って、友達と一緒に着てみたいな!」
「テレビに出てくるような芸術的な建物を作って、世界中の人達から注目されたい!」

 

といったように、私達は何かしら物を作る前に必ず頭の中でイメージしたものを形にして、物を作りますよね?
この創造力を身につける為に、プログラミング教育を取り入れることも有効です!

個性あふれる子供たちが持っている創造力を使って、アイデアを形にして物を作るので、子供たちがわくわく、楽しみながら取り組むことができます!

将来はあなたの学校の子供が、世界に革命を起こす程のサービス、物を作るかもしれませんよ!

 

まとめ

まとめ

 

小学校にプログラミング教育を取り入れる目的から、メリット、デメリットをご紹介しました!

 

目的まとめ
・早い段階から論理的思考力を育てる
・他の教科を伸ばし、学力向上を目指す
・コンピュータを知り、興味を持ってもらう

 

デメリットまとめ

プログラミング学習が目的になると、本来の目的を忘れてしまう

 

メリットまとめ

・物事を正しく、順番通りに行うことが出来る
・自力で問題を解決できるようになる
・常識にとらわれない発想を思いつくことが出来る

 

プログラミング教育の本質を理解することが出来れば、今後取り入れるべきかどうかが決まります!そうと決まれば、すぐに行動しましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

友だち登録で無料プレゼントもらえます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です