【こんなに差が出る】現役小学校教員が教える人生を楽しむ秘訣

【小学校の先生がオススメ!】人生の教訓を教えてくれる漫画30選

漫画30選

 

  • 面白い漫画読みたい
  • 多すぎて、何読んだらいいかわからない。
  • 気にはなってるんだけど、実際どう?
うるぐす
どうせ読むなら面白い漫画読みたいですよね。
りょうちん
あまり時間無いし、おすすめしてくれたら読んじゃうかも

 

漫画には人生の教訓やヒントがたくさん隠されているのです。

漫画には人間の感情や思考、行動や価値観などが描かれており、それらを通して自分自身や社会について考えるきっかけになります。

また、漫画には登場人物の成長や変化、挑戦や失敗、成功や幸せなどが描かれており、それらを通して自分の目標や夢に向かって励む力になります。

 

今回は、そんな漫画の魅力を伝えるとともに、読者の皆さんにも漫画を楽しみながら人生を豊かにするヒントを提供します。

 

うるぐす
気楽にゆっくりみってってください。
困難校でもこれだけは

 

はじめに

 

今回は、オススメの漫画をテーマ別に紹介していきます。

例えば、友情や愛情、勇気や正義、夢や目標など、人生に役立つテーマです。そして、それぞれのテーマに合った漫画の作品を紹介し、その中に込められたメッセージや教えを分析していきます。

 

漫画は、子どもから大人まで楽しめるエンターテイメントですが、同時に人生の指針となるような深い内容も含んでいます。

そんな漫画の魅力を伝えるとともに、あなたにも人生の教訓を学んでいただけるようなそんな内容になるように努めていきます。

本当は一つひとつじっくり紹介したい名作ばかりなんだけど、ここはガマンしてギュッと短く紹介します。では、行ってみましょう!

 

夢や目標を追いかける漫画

 

夢や目標を追いかける漫画は、人生の教訓を学ぶのに最適なジャンルです。夢や目標に向かって努力し、挫折や困難を乗り越える漫画は、読者に勇気や希望を与えます。

 

『SLAM DUNK』

引用元:「SLAM DUNK」

青春バスケットボール漫画の金字塔『SLAM DUNK』を紹介します。

この作品は、高校生の桜木花道がバスケットボール部に入り、仲間と共に全国大会を目指す物語です。

作者の井上雄彦さんは、登場人物の感情や成長をリアルに描き、読者に感動や勇気を与えました。『SLAM DUNK』から学べる人生の教訓はたくさんありますが、ボクが特に伝えたいのは以下の3つです。

 

– 夢に向かって努力すること
– 仲間と協力すること
– 負けてもあきらめないこと

 

夢に向かって努力することは、桜木花道の最大の魅力です。彼は最初はバスケットボールに興味がなく、好きな女の子のために部活に入りました。

しかし、次第にバスケットボールに夢中になり、毎日練習に励みました。彼は天才ではありませんでしたが、努力で自分の弱点を克服し、強い選手に成長しました。彼は自分の夢を叶えるために、汗と涙を流しました。

自分の夢を見つけて、一生懸命に追いかけることの大切を教えてくれています。

 

仲間と協力することは、バスケットボール部のチームワークを象徴しています。桜木花道は最初は自分勝手で仲間と喧嘩ばかりしていました。

しかし、試合を通して仲間の良さや役割を理解し、信頼関係を築きました。彼は自分だけではなく、仲間のためにもプレーするようになりました。彼は仲間から助けを受けたり、助けたりすることで、チームとして強くなりました。

仲間と協力して目標に向かうことの大切を教えてくれています。

 

負けてもあきらめないことは、桜木花道の最後の姿を表しています。彼は全国大会出場をかけた試合で敗れましたが、その後もバスケットボールを続けました。彼は負けて悔しい気持ちをバネにして、さらに上を目指しました。彼は自分の限界に挑戦し続けました。

失敗や挫折にめげずに、前向きに頑張ることの大切そ教えてくれています。

 

この漫画は子どもだけでなく、大人も楽しめる作品です。ぜひ読んでみてください。

 

うるぐす
むしろ大人のほうが刺さるかも。
りょうちん
スポーツやってる子どもには絶対読んでほしいね。

 

『バクマン。』

引用元:「バクマン。」

『バクマン。』は、週刊少年ジャンプで2008年から2012年まで連載された大ヒット作品です。作者は、『DEATH NOTE』で有名な大場つぐみ先生と小畑健先生のコンビです。

主人公は、中学生の真城最高と高木秋人です。真城は絵が上手く、高木はストーリーが得意なので、二人で漫画家を目指すことにします。

しかし、漫画家になるためには、才能だけではなく、努力や運やライバルとの競争も必要です。二人は、夢を叶えるために、様々な試練や挫折に立ち向かっていきます。

 

『バクマン。』は、漫画家の仕事や裏側をリアルに描いているだけでなく、登場人物たちの成長や恋愛も感動的に描いています。特に、真城と高木の友情や、真城と声優を目指す亜豆美保の純愛は見どころです。

また、漫画家として成功するために必要なものは何かというテーマも考えさせられます。

 

夢に向かって努力する人たちの姿を描いた感動的で面白い漫画です。ぜひ読んでみてください。

 

うるぐす
漫画で戦うっていう新感覚王道ジャンプ漫画。アツすぎる!
りょうちん
描写がリアルで、没入感すごいね。

 

 

『ハイキュー!!』

引用元:「ハイキュー!!」

『ハイキュー!!』は、身長が低くてもバレーボールに情熱を燃やす主人公・日向翔陽と、天才的なセッター・影山飛雄がコンビを組んで、全国大会を目指す青春ストーリーです。

作者の古舘春一さんは、バレーボールのルールや技術だけでなく、チームワークや個性のぶつかり合い、ライバルとの対決など、スポーツの魅力を緻密に描いています。

登場人物たちはそれぞれに個性的で魅力的に描かれているので、彼らの成長や挑戦に共感し、応援したくなります。

『ハイキュー!!』は、漫画で学ぶ人生の教訓として、以下のようなメッセージを伝えてくれます。

 

– 自分の弱点や欠点を認めて、それを乗り越える努力をすること
– 仲間やライバルと切磋琢磨し、互いに高め合うこと
– 目標に向かって全力で挑戦し、失敗してもあきらめないこと
– 楽しみながらスポーツに取り組むこと

 

ボクは小学校の先生として、このような漫画を子どもたちに紹介することで、彼らの心や人格の育成に役立てたいと思っています。

 

『ハイキュー!!』は、子どもだけでなく大人も楽しめる漫画です。ぜひ一度読んでみてください。

うるぐす
頑張ってる姿ってめっちゃいいよな。
りょうちん
学生時代思い出して、こみ上げるものがあるわ。

アニメもずっと泣いてたね。

 

 

『鋼の錬金術師』

引用元:「鋼の錬金術師」

『鋼の錬金術師』は、荒川弘さんが描いたファンタジー漫画です。

主人公のエドワード・エルリックとアルフォンス・エルリックは、錬金術という科学と魔法が混ざった技術を使って、亡くなった母親を蘇らせようとします。

しかし、その代償として、エドワードは右腕と左足を、アルフォンスは全身を失ってしまいます。兄弟は、失ったものを取り戻すために、賢者の石という伝説の錬金術素材を探す旅に出ます。

 

この漫画は、冒険や戦闘だけでなく、人間の本質や倫理、愛や友情などのテーマも深く描いています。錬金術の原則である「等価交換」は、人生の教訓としても捉えることができます。

何かを得るためには、何かを失わなければならないということです。

しかし、それは必ずしも悲観的なことではありません。失ったものに対して感謝し、得たものに対して喜び、自分の選択に責任を持つことが大切だということです。

 

『鋼の錬金術師』は、小学生から大人まで楽しめる漫画です。

登場人物たちの成長や感情に共感したり、錬金術の世界観に惹き込まれたりすることでしょう。

うるぐす
世界観が面白すぎて、ドはまりするね。
りょうちん
息を呑む展開にアドレナリンが出まくります!

 

『ONE PIECE』

引用元:「ONE PIECE」

『ONE PIECE』は、主人公のモンキー・D・ルフィが仲間たちと一緒に、伝説の宝物「ONE PIECE」を探す冒険物語です。この漫画は、友情や夢や正義などのテーマを描いており、読者に感動や勇気を与えます。また、登場するキャラクターや世界観も魅力的で、想像力を刺激します。

『ONE PIECE』から学べる人生の教訓は本当にたくさんありますが、ボクが特に伝えたいのは以下の三つです。

 

– 仲間と協力すること
– 自分の夢を追い続けること
– 悪に屈しないこと

 

仲間と協力することは、『ONE PIECE』の中でも重要なメッセージです。ルフィは海水が苦手という弱点もありますが、仲間たちと力を合わせて困難に立ち向かいます。仲間たちはそれぞれに個性や能力があり、お互いに尊敬し助け合います。ボクたちも、周りの人たちと協力して目標に向かうことが大切だと思います。

 

自分の夢を追い続けることは、『ONE PIECE』のもう一つのメッセージです。ルフィは海賊王になるという夢を持っており、それを叶えるために全力で努力します。仲間たちもそれぞれに夢を持っており、ルフィと一緒に旅をします。この漫画は、夢を持つことや夢に向かって挑戦することの素晴らしさを教えてくれます。ボクたちも、自分の夢を見つけて諦めずに頑張ることが大切だと思います。

 

悪に屈しないことは、『ONE PIECE』のさらにもう一つのメッセージです。ルフィたちは、世界政府や海軍や悪徳海賊などの敵に立ち向かいます。彼らは自分たちの信念や正義を貫きます。この漫画は、悪や不正に対して抵抗することや自分たちの価値観を守ることの大切さを教えてくれます。ボクたちも、悪や不正に遭った時には勇気を持って戦うことが大切だと思います。

 

この漫画は子どもだけでなく大人も楽しめる作品です。ぜひ読んでみてください。

うるぐす
当たり前だ!クソお世話になりました!いこう!生きだい!仲間がいるよう!
うるぐす
名言の数々。ヤバイですね。ボクの人生のバイブルです。
りょうちん
アニメもアツい!そろそろクライマックスよね?

 

『NARUTO -ナルト-』

引用元:「NARUTO -ナルト-」

『NARUTO -ナルト-』は、岸本斉史さんが描いた少年ジャンプの連載作品です。

主人公のうずまきナルトは、里の人々から忌み嫌われる孤児ですが、火影と呼ばれる忍者の頂点を目指して努力し続けます。

仲間や師匠との出会いや別れ、敵との戦いや友情、そして自分の運命に立ち向かう姿が描かれます。

 

この漫画は、忍者という架空の世界を舞台にしながらも、現実の社会や人間関係に通じるテーマやメッセージがたくさんあります。

例えば、ナルトは自分を認めてくれる仲間を大切にし、裏切りや憎しみに囚われた者たちにも寛容さと理解を示します。

また、ナルトは自分の夢を諦めずに挑戦し続けることで、周りの人々に影響を与えていきます。このように、『NARUTO -ナルト-』は、読者に勇気や希望を与える漫画です。

 

子どもたちは、ナルトのように自分の夢や目標を持ち、努力や友情を大切にすることで、人生の困難に立ち向かえる力を身につけることができると思います。

また、ナルトのように自分や他人を尊重し、平和や協力を求めることで、社会に貢献できる人間になれると思います。

 

この漫画は何度も読み返しています。皆さんもぜひ読んでみてください。

うるぐす
うちのペットはナルトの登場人物の名前にするくらい好き!
りょうちん
全然知らなかったけど、それぞれの登場人物に共感しながらよめるよね。

 

『ブルーピリオド』

引用元:「ブルーピリオド」

『ブルーピリオド』は、山口つばささんが描く青春漫画です。

高校生の矢口八虎は、あるきっかけから美術に目覚めていきます。彼は、自分の才能や感性に悩みながらも、絵画を通して自分自身や世界を見つめ直していきます。

この漫画は、美術の技術や知識だけでなく、人間の心理や感情も深く描いています。読者は、矢口の成長や挑戦に共感したり、感動したりすることができます。

 

この漫画は、人生の教訓を多く含んでいます。

例えば、自分の夢や目標を見つけること、自分の感性や個性を大切にすること、他人と比べずに自分のペースで進むことなどです。

また、この漫画は、美術に興味がない人でも楽しめるように、登場人物やストーリーが魅力的に描かれています。美術に関する専門用語も分かりやすく説明されています。

 

『ブルーピリオド』は、現在も連載中の漫画です。

最新話は、マガジンポケットというアプリで読むことができます。

この漫画を読んで、美術や人生について考えてみませんか?

 

 

『ベイビーステップ』

引用元:「ベイビーステップ」

『ベイビーステップ』は、勉強ばかりしていた高校生の丸井英雄が、テニスに出会って人生が変わっていく物語です。

英雄は、テニスを始めるきっかけになった先輩の高橋奈津子に惹かれていきますが、彼女は全国レベルの選手であり、英雄はまだ初心者です。

そこで、英雄は自分の得意な勉強の方法を応用して、テニスの上達に励みます。彼は、自分の弱点を分析し、目標を細かく設定し、一歩一歩確実に進んでいくことを「ベイビーステップ」と呼びます。

 

この漫画は、テニスの技術や戦術だけでなく、心理やメンタルも詳しく描かれています。英雄は、自分の感情や不安に向き合い、自信や信頼を築いていきます。

また、ライバルや仲間との関係も重要な要素です。英雄は、様々な人と出会い、刺激や励ましを受けながら成長していきます。

 

この漫画から学べる人生の教訓はたくさんありますが、ボクが特に感銘を受けたのは、「自分に合った方法で努力すること」と「目標に向かって諦めないこと」です。

英雄は、自分の性格や能力に合わせて、テニスを楽しみながら上達していきます。彼は、自分のペースで進むことを恥ずかしがらず、周りと比べることもしません。

また、英雄は、どんな困難にも立ち向かっていきます。彼は、失敗や挫折にめげず、常に前向きに考えて行動します。

 

『ベイビーステップ』は、テニス好きな人だけでなく、人生に迷っている人や夢を持っている人にもおすすめの漫画です。

この漫画を読んで、あなたも「ベイビーステップ」で人生を歩んでみませんか?

 

 

友情や仲間を大切にする漫画

漫画は、人生に役立つ教訓を教えてくれる素晴らしいメディアです。特に、友情や仲間を大切にする漫画は、心に深く刻まれる感動的なシーンやメッセージがたくさんあります。

 

『ドラゴンボール』

引用元:「ドラゴンボール」

『ドラゴンボール』は、鳥山明先生が描いた世界的に有名な漫画です。

主人公の孫悟空は、地球に落ちた宇宙人の赤ん坊で、ドラゴンボールという七つ揃えるとどんな願いも叶うという球を探す冒険に出ます。途中で出会った仲間たちと一緒に、悪者や強敵と戦いながら、成長していきます。

 

この漫画は、友情や仲間の大切さを教えてくれます。悟空は、仲間たちのために自分の命をかけて戦うこともあります。仲間たちも、悟空を助けるために協力したり、励ましたりします。

一人ではできないことも、仲間がいればできるということを示しています。

また、敵だった者とも和解したり、仲間になったりすることで、寛容さや理解力も身につけます。

 

『ドラゴンボール』は、子どもから大人まで楽しめる漫画です。友情や仲間の大切さは、人生において忘れてはならない教訓です。

この漫画を読んで、自分の周りの人たちに感謝したり、助け合ったりしましょう。

 

 

『ハンター×ハンター』

引用元:「ハンター×ハンター」

冒険家であるハンターを目指す少年・ゴンと、彼が出会った仲間たちの物語です。

ゴンは、幼い頃に父親・ジンに捨てられたと思っていましたが、実はジンは伝説的なハンターであり、ゴンに会いに来る日を待っているという手紙を受け取ります。

ゴンは、父親に会うためにハンター試験に挑みますが、そこで様々な困難や危険に直面します。

しかし、ゴンは自分の夢や信念を貫き、仲間たちと助け合いながら成長していきます。

 

この漫画の教訓は、何よりも友情や仲間を大切にすることです。ゴンは、自分の力だけではなく、仲間たちの力や支えがあってこそ、目標に近づけることを知っています。

また、仲間たちもゴンの純真さや勇気に惹かれて、彼を助けたり励ましたりします。

仲間たちは互いに信頼し合い、時には喧嘩したり反発したりしながらも、絆を深めていきます。

 

この漫画は、友情や仲間の大切さを教えてくれるだけでなく、読者にも感動や勇気を与えてくれる作品です。

 

 

『BLEACH』

引用元:「BLEACH」

死神と呼ばれる霊的な戦士となった高校生・黒崎一護が、仲間たちと共に様々な敵と戦う物語です。この漫画は、人生の教訓を多く含んでいます。

例えば、

– 仲間のために自分の命をかけること。

– 仲間から力を借りること。

– 仲間と信頼関係を築くこと。

 

 

一護は、自分の大切な人たちを守るために、何度も危険な戦闘に挑みます。彼は、自分の信念や正義を貫くために、自分の命よりも仲間の命を優先します。これは、友情や仲間の価値を示す行動です。

一護は、自分だけでなく、仲間たちも強くなることを目指します。彼は、自分の力だけでは足りないときに、仲間から助けを求めたり、助けられたりします。彼は、仲間と協力して敵に立ち向かいます。これは、チームワークや協調性の重要性を示す行動です。

一護は、仲間たちと深い絆を持ちます。彼は、仲間たちの気持ちや考え方を尊重し、理解しようとします。彼は、仲間たちに自分の本心や悩みを打ち明けたり、相談したりします。彼は、仲間たちに感謝や謝罪の言葉を伝えます。これは、コミュニケーションや信頼関係の大切さを示す行動です。

以上のように、『BLEACH』は、友情や仲間を大切にする漫画です。この漫画を読むことで、子どもたちは、人生において必要なスキルや価値観を学ぶことができます。

 

ボクは、この漫画を小学校の授業で取り上げることもあります。

この漫画が子どもたちの成長に役立っていると感じています。

 

 

『僕のヒーローアカデミア』

引用元:「僕のヒーローアカデミア」

この漫画は、個性と呼ばれる超能力を持つ人々が暮らす世界で、ヒーローになりたい少年・緑谷出久の成長と冒険を描いた作品です。

緑谷は、個性がないというハンディキャップを乗り越えて、自分の憧れであるオールマイトから個性を受け継ぎ、ヒーロー育成学校・雄英高校に入学します。

そこで、様々な個性や性格を持つクラスメートや教師たちと出会い、友情や仲間意識を深めながら、悪の組織や敵に立ち向かっていきます。

 

この漫画は、友情や仲間を大切にすることの大切さを教えてくれます。緑谷は、自分の力だけではなく、仲間たちの力や支えにも頼って、困難に立ち向かっていきます。仲間たちも、緑谷の努力や正義感に感化されて、互いに助け合ったり励まし合ったりします。

また、敵との戦闘シーンでは、仲間たちが協力して戦略を立てたり、自分の個性を活かしたりして、見事な連携プレーを見せてくれます。

このように、この漫画は、友情や仲間という人生の宝物を描いており、読者にも心温まる感動や勇気を与えてくれます。

 

この漫画は子どもたちにおすすめしたい作品です。子どもたちは、この漫画を通して、友情や仲間を大切にすることや協力することの楽しさや意義を学ぶことができます。

また、緑谷や仲間たちのように夢や目標に向かって努力する姿勢や正義感も身につけることができます。

さらに、この漫画は、個性というテーマも扱っており、自分の個性や特徴を認めて受け入れることや他人の個性や特徴を尊重することも教えてくれます。

このように、この漫画は、子どもたちにとって多くの人生の教訓を含んだ作品です。

 

この漫画は現在も連載中であり、アニメ化や映画化もされています。興味がある方はぜひ読んでみてください。

 

 

『鬼滅の刃』

引用元:「鬼滅の刃」

鬼に家族を殺された少年・炭治郎が、鬼になった妹・禰豆子を人間に戻すために、鬼狩りとして戦う物語です。

炭治郎は、様々な試練を乗り越えながら、仲間たちと出会い、成長していきます。仲間たちは、それぞれに個性的で魅力的なキャラクターで、炭治郎と共に戦い、助け合い、笑い合います。彼らは、互いに信頼し、尊敬し、愛し合う友情の絆で結ばれています。

 

この漫画は、友情や仲間の大切さを教えてくれるだけでなく、家族や恋人などの他の人間関係にもヒントを与えてくれます。例えば、炭治郎と禰豆子の兄妹愛は、家族の絆を深めるために必要なものを示しています。

 

『鬼滅の刃』は、人生の教訓が満載の漫画です。小学生だけでなく、大人も楽しめる作品です。ぜひ読んでみてください。

 

 

『約束のネバーランド』

引用元:「約束のネバーランド」

孤児院で暮らすエマ、ノーマン、レイという三人の主人公を中心に展開する物語です。

彼らは、孤児院の母親であるイザベラから愛情を受けて幸せに暮らしていましたが、ある日、孤児院の裏側に隠された恐ろしい秘密を知ってしまいます。

それは、彼らが育てられているのは、知能が高く美味しいとされる人間を養殖するための農場だったということです。彼らは、自分たちだけでなく、他の子供たちも救うために、脱出計画を立てます。

しかし、それは容易なことではありません。イザベラや農場の管理者であるグランマ、そして人間を食べる鬼という強敵が彼らを待ち受けています。

 

この漫画は、スリル満点の展開や驚きの展開が多く、読者を引き込みます。

しかし、それだけではなく、登場人物たちの成長や心情も丁寧に描かれています。

特に、エマたち三人の絆や友情は感動的です。彼らは、互いに助け合いながら、困難に立ち向かっていきます。

また、敵であるイザベラや鬼たちも単純な悪者ではなく、それぞれに背景や理由があります。彼らとの対話や交流を通して、エマたちは人間と鬼の関係や世界の真実についても知っていきます。

 

『約束のネバーランド』は、友情や仲間を大切にするだけでなく、正義や平和を求める漫画です。

小学生にも分かりやすく楽しめる作品ですが、大人にも考えさせられるメッセージがあります。ぜひ一度読んでみてください。

 

 

『フルーツバスケット』

引用元:「フルーツバスケット」

高校生の本田透が、十二支の呪いにかかった草摩家のメンバーと出会い、彼らとの交流を通して成長していく物語です。

この漫画では、様々な人間関係や感情の葛藤が描かれていますが、その中で透は常に優しく明るく、周りの人たちに勇気や希望を与えます。

透は自分のことよりも他人のことを考える性格で、誰にでも分け隔てなく接します。そのため、草摩家のメンバーは次第に透に心を開き、自分らしく生きることを学びます。

 

『フルーツバスケット』は、友情や仲間というテーマだけでなく、家族や恋愛といったテーマも扱っています。

しかし、どんなに辛く苦しいことがあっても、透は決して諦めません。彼女は自分の力で幸せを掴もうと努力します。

そして、彼女の存在が周りの人たちにも影響を与え、彼らも幸せを求めて前に進みます。

 

この漫画は、人生には様々な困難や試練があることを教えてくれますが、同時に、それを乗り越えることで成長できることも教えてくれます。

また、自分だけでなく、周りの人たちと協力し合うことで、より強くなれることも教えてくれます。

この漫画から学ぶことはたくさんありますが、私が一番伝えたいメッセージは、「自分を信じて、仲間を信じて、幸せになろう」ということです。

 

 

恋愛や結婚を考える漫画

恋愛や結婚は人生の大きなテーマです。漫画には、様々な恋愛模様や結婚観を描いた作品がたくさんあります。

『NANA』

引用元:「NANA」

大崎ナナと小松奈々という同じ名前の二人の女性が、東京で出会い、同居することになる物語です。

二人は、それぞれ違う恋愛や結婚観を持っていますが、互いに支え合いながら成長していきます。

この漫画は、現代の若者の悩みや葛藤をリアルに描いており、多くの読者から共感を得ています。『NANA』は、恋愛や結婚だけでなく、友情や夢や家族など、人生におけるさまざまなテーマを扱っています。

そのため、読むたびに新しい発見や気づきがあります。

また、登場人物たちの感情や心理が細かく描かれており、感動や涙を誘います。

『NANA』は、人生の教訓を学ぶことができる素晴らしい漫画です。ぜひ一度読んでみてください。

 

 

『東京タラレバ娘』

引用元:「東京タラレバ娘」

30代の独身女性たちが、自分の人生に満足できないまま、タラレバ話に逃げ込む姿を描いた作品です。

主人公のリカは、仕事は順調だが、恋愛はうまくいかない漫画家です。

彼女は、同じく独身の友人たちと、居酒屋で「あの時こうしていれば」「今からでも遅くない」と言いながら、現実から目を背けています。

しかし、ある日、リカは、若くてイケメンのモデル・ケイに出会います。ケイは、リカたちのタラレバ話に辟易し、「タラレバ言ってないで、行動しろ」と言ってきます。

リカは、ケイに挑発されるように、自分の人生を変えようと決意しますが、それは思ったよりも難しいことでした。

 

この漫画は、恋愛や結婚だけでなく、仕事や家族や友人との関係など、人生のさまざまな面について考えさせられる作品です。

登場人物たちは、自分の幸せを探すために、悩んだり迷ったりしながらも、前向きに努力しています。読者も一緒になって応援したくなるような魅力的なキャラクターです。

特に、リカとケイの関係は、互いに惹かれ合いながらも、価値観や立場の違いからぶつかり合うことも多く、複雑でリアルな恋愛模様です。結末はどうなるのか、気になってしまいます。

 

『東京タラレバ娘』は、人生に迷う30代の女性たちに共感できる漫画ですが、それ以外の年代や性別の方にもおすすめです。

自分の人生について考え直すきっかけになるかもしれません。ぜひ一度読んでみてください。

 

東京タラレバ娘 全巻セット 1〜9 巻

 

『ちはやふる』

引用元:「ちはやふる」

競技かるたに情熱を注ぐ高校生たちの青春物語です。

主人公の綾瀬千早は、小学校のときに出会った新と太一に影響されて、かるたに夢中になります。高校では、かるた部を立ち上げて、全国大会を目指します。

しかし、千早は新と太一に対して、友情以上の感情を抱き始めます。
三角関係に悩む千早は、かるたと恋愛の両立ができるのか、自分の気持ちをどう伝えるべきか、迷います。

 

この漫画は、恋愛や結婚を考える人にとって、人生の教訓になります。なぜなら、千早は自分の夢を追いながらも、他人の気持ちを尊重しようと努力するからです。

千早は新と太一のかるたに対する想いを理解し、応援し、時には競い合います。千早は自分の恋心を素直に表現できないこともありますが、決して嘘をついたり裏切ったりしません。

千早は自分だけでなく、仲間やライバルや先輩や後輩とも深い絆を築きます。

『ちはやふる』は、恋愛や結婚だけでなく、人間関係全般において、大切なことを教えてくれる漫画です。

それは、自分の夢を追うことと、他人を思いやることは両立できるということです。

この漫画を読んで、自分の人生にも役立ててみてください。

 

 

『オレンジ』

引用元:「オレンジ」

高校生の高宮菜穂が、10年後の自分から届いた手紙に従って、同級生の翔を救おうとする物語です。

手紙には、翔が自殺する未来を変えるために、菜穂がすべきことやしないべきことが書かれています。菜穂は、手紙の真実を信じられないでいたが、翔に惹かれていくうちに、彼の過去や心の傷に気づきます。

そして、菜穂は、自分の気持ちを伝えることができるかどうか、悩みながらも、翔の笑顔を守ろうと奮闘します。

 

この漫画は、恋愛だけでなく、友情や家族の絆も描いています。翔を救おうとする菜穂の仲間たちは、彼女を支えてくれる素敵な友人です。

また、翔の母親や菜穂の母親も、それぞれに苦労しながらも、子どもたちを愛しています。

この漫画は、人生には悲しみや後悔もあるけれど、それを乗り越える力は、自分の中にも周りの人にもあるというメッセージを伝えています。

 

『オレンジ』は、感動的で美しい作品です。恋

愛や結婚を考える人には、心に響く漫画だと思います。ぜひ読んでみてください。

 

 

『僕等がいた』

引用元:「僕等がいた」

高校生の矢吹丈と高橋南の恋愛を描いた作品です。

二人は同じクラスで、丈は写真部、南はバスケ部に所属しています。丈は南に一目惚れし、南も丈に惹かれていきます。

しかし、二人の仲には南の幼なじみである竹本竜也が立ちはだかります。竜也は南に想いを寄せており、丈と南の関係を快く思っていません。

また、丈には過去に起きたある出来事がトラウマとなっており、自分の気持ちを素直に表現できないこともあります。

 

この漫画は、恋愛だけでなく、友情や家族の絆、夢や将来のことなど、人生について考えさせられる作品です。登場人物たちはそれぞれに悩みや葛藤を抱えており、読者も共感できる場面が多くあります。

また、写真やバスケという趣味を通して、人間関係や自己表現の方法を探っていく様子も描かれています。

最後までどうなるかわからない展開も魅力的です。

 

『僕等がいた』は、恋愛や結婚を考える時期に読むと、自分の気持ちや相手の気持ちを理解するのに役立つと思います。

また、人生の教訓を学ぶこともできます。この漫画を読んで感じたことや考えたことを子どもたちと共有したいと思います。

 

 

『ハチミツとクローバー』

引用元:「ハチミツとクローバー」

美大生の森田真吾、高橋光太郎、真山進、花本はぐみ、花房愛子の5人を中心に繰り広げられる青春物語です。

彼らはそれぞれに恋や夢に悩みながらも、仲間との絆や師弟関係を大切にしています。

特に印象的なのは、真山が恋する天才画家・花沢顕との関係です。花沢は真山にとって憧れであり、ライバルであり、恋人でありますが、彼女は結婚を望まないと言います。

真山は花沢の気持ちを尊重しつつも、自分の想いを伝えようとしますが、なかなかうまくいきません。

 

この漫画は、恋愛や結婚に対するさまざまな考え方や価値観を描いています。一方で、自分の夢や才能に向き合う姿も見せています。

登場人物たちは成長し、変化し、別れや再会を繰り返しながらも、それぞれに幸せを探しています。この漫画から学べる人生の教訓は、自分の気持ちを素直に表現することや、他人の選択を尊重することだと思います。

また、仲間や師匠との関係も大切にすることも忘れてはいけません。

 

『ハチミツとクローバー』は、恋愛や結婚だけでなく、人生全般について考えさせられる漫画です。

小学校の先生としても、子どもたちに読んでほしい作品です。ぜひ一度手にとってみてください。

 

 

『君に届け』

引用元:「君に届け」

 

藤田和日郎さんが描く少女漫画です。主人公は、幼い頃から周囲から「貞子」と呼ばれている内気な女子高生・黒沼爽子です。

彼女は、クラスで人気の男子・風早翔太に憧れていますが、なかなか話しかけられません。

しかし、ある日、偶然にも風早と仲良くなるきっかけができます。それから、爽子は風早やクラスメートとの交流を通して、自分の気持ちや人間関係について成長していきます。

 

この漫画は、恋愛だけでなく、友情や家族の絆も描いています。爽子は、自分に自信がなくても、周りの人たちに支えられて前向きになれることを教えてくれます。

また、風早は、爽子のことを素直に好きになり、優しく接します。彼らの関係は、純真で清潔感のあるものです。

この漫画を読むと、恋愛や結婚に対する理想や希望が湧いてきます。

 

『君に届け』は、現在も連載中で、アニメ化や実写映画化もされています。

大人の方にもおすすめです。ぜひ一度読んでみてください。

 

 

人生観や価値観を見直す漫画

物語やキャラクターに感情移入することで、自分の人生観や価値観について考えさせられる素晴らしいメディアです。最後に、小学生にも読んでほしい人生観や価値観を見直す漫画を選んでみました。

『3月のライオン』

引用元:「3月のライオン」

羽海野チカさんが描く青春漫画です。

主人公は、17歳のプロ棋士・桐山零くんです。零くんは、幼い頃に家族を亡くし、孤独な日々を送っています。

しかし、ある日、川本家という明るく楽しい家族に出会い、少しずつ心を開いていきます。

また、将棋の世界では、ライバルや先輩たちと切磋琢磨しながら成長していきます。

 

この漫画は、人生には様々な困難や苦しみがあることを教えてくれます。

しかし、それと同時に、人生には様々な喜びや幸せもあることも教えてくれます。

零くんは、自分の過去や現在に向き合いながら、自分の未来を切り開いていきます。その姿には、勇気や希望を感じることができます。

 

『3月のライオン』は、人生の教訓を多く含む漫画です。

この漫画を読むことで、自分の人生観や価値観を見直すきっかけになるかもしれません。ぜひ一度読んでみてください。

 

 

『僕だけがいない街』

引用元:「僕だけがいない街」

サナダケイの作品で、2012年から2016年まで連載されました。

主人公は、29歳の漫画家志望の藤沼悟です。彼は、過去に起きた誘拐殺人事件に関係していることを知り、事件を防ぐために過去にタイムスリップする能力を持っていることに気づきます。

しかし、その能力は彼の思い通りには動かず、彼は事件の真相を探るうちに自分の運命にも直面することになります。

 

この漫画は、人生の選択や責任、友情や愛情などのテーマを描いています。登場人物たちは、それぞれに悩みや苦しみを抱えていますが、それを乗り越えるために努力したり、支え合ったりします。

また、過去と現在のつながりや影響も見えてきます。読者は、主人公と一緒に事件の謎を解きながら、自分の人生観や価値観を見つめ直すきっかけになるかもしれません。

 

『僕だけがいない街』は、漫画だけでなく、アニメや実写映画、ドラマなどにもなっています。

どのメディアでも感動的なストーリーと魅力的なキャラクターが楽しめます。

この漫画を読んで子どもたちにも人生の教訓を伝えてみませんか。

 

 

『ゆるキャン△』

引用元:「ゆるきゃん△」

高校生の女の子たちがキャンプを楽しむ日常系の漫画です。しかし、この漫画には、人生に大切なことを教えてくれるメッセージがたくさん隠されています。例えば、以下のようなことです。

-自分の好きなことを見つける
-仲間と協力して楽しむ
-自然の美しさに感動する
-自分のペースで生きる
-挑戦して失敗しても笑って乗り越える

これらのことは、子どもだけでなく、大人にも必要なことだと思いませんか?『ゆるキャン△』は、そんな人生の教訓を、ゆるくてかわいいキャラクターや風景を通して伝えてくれる漫画です。

読んでいると、心が温かくなりますし、自分の人生について考えさせられます。

 

漫画は、ただ楽しむだけでなく、人生を豊かにする力がありますね。

 

『銀の匙 Silver Spoon』

引用元:「銀の匙 Silver Spoon」

荒川弘さんが描く農業高校を舞台にした青春漫画です。

主人公の八軒勇吾は、進路に悩んだ末に、北海道の農業高校に入学します。そこで出会ったのは、牛や豚、馬などの動物たちと、それぞれに夢や目標を持つ仲間たちです。

八軒は、農業に関する知識や技術を身につけながら、自分の人生の意味や方向性を探していきます。

 

この漫画は、農業という現実的で厳しいテーマを通して、人生の大切な教訓を教えてくれます。例えば、

– 動物や自然と向き合うことで、命の尊さや責任感を学ぶ
– 仲間や先生と協力して、困難に立ち向かうことで、信頼や友情を深める
– 自分の夢や目標に向かって努力することで、自信や成長を感じる

などです。

 

『銀の匙 Silver Spoon』は、小学生から大人まで楽しめる漫画です。

読んでみると、自分の人生観や価値観を見直したくなるかもしれません。ぜひ一度読んでみてください。

 

 

『ベルサイユのばら』

引用元:「銀の匙 Silver Spoon」

フランス革命前夜の貴族社会を舞台に、女性騎士オスカルと王妃マリー・アントワネットの運命を描いた名作です。

この漫画は、愛と友情、正義と忠誠、自由と平等など、人間の本質に迫るテーマが満載です。

オスカルは、男性として育てられたがゆえに、自分の性別や立場に悩みながらも、自分の信念に従って生きる強く美しい女性です。

マリー・アントワネットは、王妃としての責務や民衆の不満に気づかないまま、豪華な暮らしや恋愛に溺れる浮かれ者です。

しかし、彼女もまた、孤独や苦悩に苛まれる人間の一面を持っています。

 

この漫画を読むと、自分はどんな人生を歩みたいか、どんな価値観を持ちたいか、考えさせられます。

また、歴史的な背景や登場人物の実像についても知ることができます。

『ベルサイユのばら』は、小学生から大人まで楽しめる漫画です。ぜひ一度読んでみてください。

 

 

『キングダム』

引用元:「キングダム」

中国の春秋戦国時代を舞台に、孤児の少年・信と、秦の王・政の成長と冒険を描いた歴史漫画です。信は、幼い頃に両親を殺された後、同じ境遇の少女・河了貂と共に生きてきました。ある日、河了貂が政にそっくりだと気づいた信は、彼女が実は秦の王子だと知ります。河了貂は、政と入れ替わって暗殺者から身を守るために、信と暮らしていたのです。政は、河了貂と入れ替わって自由に暮らすことを望んでいましたが、やがて自分の使命に目覚めます。信は、政と河了貂の友情に感動し、政の夢である「天下統一」を支えるために、将軍を目指すことを決意します。

『キングダム』は、信や政だけでなく、多くの登場人物がそれぞれの夢や理想を追い求める姿が描かれています。戦場で命を懸ける兵士たちや、国家の運命を背負う君主たちや、策略や智恵で戦う軍師たちや、平和や幸せを願う民たちなど、様々な立場や思想の人々が登場します。彼らは、時に協力し、時に対立し、時に裏切り、時に救われながら、歴史の流れに身を投じていきます。

この漫画から学ぶことは多くありますが、私が特に感銘を受けたのは、「自分の夢や目標を持つこと」「自分の信念や価値観を持つこと」「自分の仲間や家族を大切にすること」です。この漫画では、どんなに困難な状況でも、自分の夢や目標に向かって努力する人々が描かれています。彼らは、自分の信念や価値観に基づいて行動し、自分の仲間や家族を守ろうとします。彼らは、自分だけでなく、他者も尊重し、理解しようとします。彼らは、自分だけでなく、世界も変えようとします。

私は、この漫画を読んで、「自分は何のために生きているのか」「自分は何を大切にしているのか」「自分は何を目指しているのか」など、自分自身に問いかけるようになりました。また、「他人はどう思っているのか」「他人はどう感じているのか」「他人はどう生きているのか」など、他者に対する興味や共感も深まりました。この漫画は、人生観や価値観を見直すきっかけになると思います。

もし、あなたも『キングダム』に興味があれば、ぜひ読んでみてください。きっと、あなたの人生に何かを与えてくれるはずです。

 

 

『ドラえもん』

引用元:「ドラえもん」

ドラえもんは、子どもから大人まで幅広い世代に愛される国民的漫画です。

しかし、ドラえもんにはただ笑わせてくれるだけでなく、人生の教訓を教えてくれる深いメッセージも隠されています。

1. 「未来の国からはるばると」
このエピソードでは、ドラえもんが未来の国からやってきた理由や経緯が明かされます。ドラえもんは、ネズミに耳をかじられたり、色が変わったりと不幸な目にあってしまいますが、それでものび太のために頑張ります。

このエピソードは、自分の過去や出自にこだわらず、未来に向かって努力することの大切さを教えてくれます。

 

2. 「お金は天下の回りもの」
このエピソードでは、ドラえもんがお金を増やす道具を使って、のび太にお金持ちになる方法を教えます。

しかし、お金を得ることに夢中になったのび太は、友達や家族との関係を失ってしまいます。

このエピソードは、お金は大切なものではあるけれど、それだけで幸せになれるわけではないことを教えてくれます。

 

3. 「さよなら、ドラえもん」
このエピソードでは、ドラえもんが故障してしまい、未来に帰らなければならなくなります。

のび太は、ドラえもんと別れることができずに泣きますが、ドラえもんは笑顔で「ありがとう」と言って去っていきます。

このエピソードは、人との出会いと別れは避けられないことであり、感謝の気持ちを忘れずに生きることの大切さを教えてくれます。

 

ドラえもんは、子どもだけでなく大人にも読み返す価値のある漫画です。あなたも一度読んでみてはいかがでしょうか?

 

 

おわりに

 

さまざまなジャンルやテーマの漫画から、人生に役立つ教訓を紹介してきました。

漫画は、登場人物の感情や思考、行動や選択を視覚的に表現することで、読者に強い印象や共感を与えることができます。そのため、漫画は人生の教訓を学ぶのに最適なメディアだと言えるでしょう。

 

漫画で学んだ人生の教訓は、自分の人生に活かしていくことが大切です。漫画の登場人物がどのように困難に立ち向かったか、どのように夢や目標に向かって努力したか、どのように仲間や家族と関わったかなどを参考にして、自分も同じように挑戦したり、成長したり、幸せを感じたりすることができます。

漫画は、自分の人生の物語を豊かにするツールです。

このブログを読んでくださった皆さんには、漫画で学んだ人生の教訓を忘れずに、自分の人生を楽しく充実させていってほしいと思います。

 

漫画は、人生の先生です。

 

うるぐす
あなたのナンバーワンはどの作品ですか?

ちょっとリラックスして漫画で人生豊かに送りましょう。

困難校でもこれだけは
友だち登録で無料プレゼントもらえます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です