【こんなに差が出る】現役小学校教員が教える人生を楽しむ秘訣

【先生必見】小学校のプールの授業でみんなが絶対に楽しめるゲーム6選!

プールの授業は、子どもの好き・嫌いが分かれる授業ですよね。

水泳が苦手な子どもたちも、プールを楽しんでもらいたいな~
水泳の練習だけじゃなくゲームも取り入れて、授業を楽しんで欲しいけど、同じようなゲームしか思いつかないんだよね…

こんな風にお困りの先生いらっしゃいませんか?

私も、先生になりたての頃はどんなゲームをするか悩み、たくさん試行錯誤しました…

今回は、楽しく遊べるゲームと、水泳の練習になるゲームをご紹介します!
子どもたちが絶対に楽しめる!という自信があるゲームだけ集めました。

これを見れば、プールの授業で悩むことはなくなりますよ!

楽しく遊べるゲーム

じゃんけん列車

じゃんけんをして、負けた子が勝った子の肩につかまり、どんどん1列になっていくゲームです。
クラスの一体感が生まれるゲームなので、盛り上がること間違いなしです!

おすすめポイント
  • ルールが簡単で分かりやすい
  • 水泳の得意・不得意が関係ない

鬼ごっこ

これは定番ですね!
子どもたちは鬼ごっこが大好きなので、確実に盛り上がります。

おすすめポイント
  • 鬼ごっこは色々な種類があるため、毎回種類を変えて楽しめる
    (島おに、氷おになど)
  • クラスみんなで遊ぶことができる

体育のダンス・体操をプールの中で

いつもの体育でやっているダンスや体操ありますよね?
これをプールの中でやってみるゲームです!
水の中は動きにくいので、いつもやっている動きでも結構感覚が違って楽しいですよ!

おすすめポイント
  • 水泳練習の前の準備体操にもピッタリ
  • いつもやっている動きなので説明不要

水泳の練習になるゲーム

水中にらめっこ

「にらめっこしましょ、笑うと負けよ、あっぷあっぷっぷ~♪」の後、水中に潜ってにらめっこをします。
笑ったり、息が続かず先に水から上がってしまった方の負けです。

水中に潜れない子は、顔を水につけた後に、水から顔を出してにらめっこしてもOKです。

おすすめポイント

楽しく水中に潜る練習ができる

フラフープくぐり

先生が水中でフラフープ持ち、子どもたちに泳いでフラフープの中を通ってもらいます。

泳げない子は歩きながらくぐってもらってもOK!

フラフープを沈める深さによって、難易度が変わるので、ビート板ありで泳げる子の時は水面から半分出すくらい、水中に潜って泳げる子の時は、全部水中に沈めて通ってもらいましょう!

以下のようなイメージです!

 

おすすめポイント

子どもの泳ぎの習得度によって難易度が変えられる

リレー競争

2チームに分かれてリレーをします。
一人分の距離は、プール片道分にしても、その半分にしてもOKです。
担当学年によって調整しましょう。

泳げない子は、歩いて良いことにするとみんなが楽しめます。

やっぱり、リレー競争は確実に盛り上がるのでおすすめです。

おすすめポイント

楽しく水泳の練習ができる

 

安全第一を意識しましょう!
ゲームの時間になると、いつもよりはしゃぐ子どももいます。

  • どっちが長く潜れるか勝手に競争し始めている
  • ついついプールサイドを走っている

なんてことよくあります…
子どもたちの様子は注意深く見守るようにしましょう。

番外編~シャワーもゲームに~

プール前後に必ずシャワーを浴びてもらいますよね。
このシャワー結構冷たくて、子どもたちに一定時間を浴びてもらうのって、中々大変じゃないですか?
私も子どもの頃、プールのシャワーが大嫌いでした…

シャワーもゲーム感覚で浴びてもらいましょう!
「みんなで○○秒修行しようね~」といって、数人ずつまとめて浴びてもらうだけです!

こうすると、みんなちゃんとシャワーを浴びてくれるのでおすすめです。

まとめ

 

プールでできるゲーム
  • 楽しく遊べるゲーム→じゃんけん列車、体育のダンス・体操をプールでやってみる、鬼ごっこ
  • 水泳の練習にもなるゲーム→水中にらめっこ、フラフープくぐり、リレー競争
  • シャワーもゲームにできる

いかがだったでしょうか?

今回ご紹介したものは、すべて子どもたちが楽しんでくれる自信があるものです。
ぜひ、授業に取り入れてみてください!
先生のお役に立てたら嬉しいです!

 

 

友だち登録で無料プレゼントもらえます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です