【こんなに差が出る】現役小学校教員が教える人生を楽しむ秘訣

【朗報】絵心がないという不安は図工の指導に活かせる!具体的なポイントをご紹介

自分は絵心がないから、図工の授業はいつも不安になりながら教えている…
子ども達にもっと図工の授業を楽しんで欲しいけど、絵心がないから指導に自信がない。

こんな風に悩んでいる先生いらっしゃいませんか?

図工の研究部長の経験もある私が断言します。
図工の指導において、絵心がなくても全然大丈夫です!

今回は、自分には絵心がないと思っている先生に向けて、その気持ちを図工の指導に活かすためのポイントをご紹介します!

これを読めば、絶対に自信を持って指導できるようになりますよ!
ぜひ見てみてください。

絵心がなくても大丈夫!図工の授業に必要なこと

図工の授業の目的を改めて考える

図工は上手な絵を描いたり、芸術的な作品を作ることが目的ではありません。

文部科学省の学習指導要領には、図画工作の目標について、次のように書かれています。

表現及び鑑賞の活動を通して,造形的な見方・考え方を働かせ,生活や社会の中の形や色などと豊かに関わる資質・能力を次のとおり育成することを目指す。
(1) 対象や事象を捉える造形的な視点について自分の感覚や行為を通して理解するとともに,材料や用具を使い,表し方などを工夫して,創造的につくったり表したりすることができるようにする。
(2) 造形的なよさや美しさ,表したいこと,表し方などについて考え,創造的に発想や構想をしたり,作品などに対する自分の見方や感じ方を深めたりすることができるようにする。
(3) つくりだす喜びを味わうとともに,感性を育み,楽しく豊かな生活を創造しようとする態度を養い,豊かな情操を培う。

引用:小学校学習指導要領(平成29年告示)

図工は絵を描くこと、作品を作ることを通じて、子ども達の創造性を高めることが目的です。

作品の上手い下手は関係なく、何を、どうやって、どんな風に表現するか考える過程の方が大切です!

絵心がないという不安は、図工の指導に活かせる!

絵心がないと思っている先生の方が良い指導をする!?

私は図工の研究部長の経験もあるので、先生から「自分は絵心がないから、図工を教えるのが不安」とよく相談をいただきます。

そんな先生をたくさん見てきて、実は私は、絵心がないと思っている先生の方が、良い指導をすることが多いと思っています!

その理由をご紹介していきます!
絵心がないという不安は、指導に活かせるのでぜひ参考にしてみてください!

自己流で授業を進めることがない

自分には絵心がない、美的センスがないと思っている先生は、図工の指導について熱心に勉強されます。
今これを読んでいるのも、情報収集をされている何よりの証拠ですよね。

指導が上手な先生に、授業のコツを聞いたり、良い部分を真似していることが多いです。
その結果、図工の本来の目的に沿った良い指導をされていと感じます。

子ども達の作品を修正しすぎない

子ども達の作品に、美術的にはもう少しここをこうした方が…というところがあっても、子ども達が自分なりに考えて表現した結果です。
先生が作品を修正しすぎると、子どもの創造性を奪うこともあります。

絵心がないと思っている先生は、先生自身が美的センスに自信がないと感じている分、手直しすることが少ない傾向があります。

だからこそ、子ども達がのびのびと好きなように作品を作ることができるんです!
図工の授業でとても大切なことですよね。

図工が苦手な子どもの気持ちに寄り添える

「自分は絵心がない」、そんな風に思っている先生はきっと子どもの頃、図工が苦手だった先生が多いのではないでしょうか?

自身の経験をもとに、図工が苦手な子どもの気持ちに寄り添った指導ができる先生が多いと感じます。
例えば、表現しようとしたことや、考え方を褒めるなど、自然と作品作りの過程も含めて良いところを探すことができます。

これは、図工が苦手な気持ちを本当に理解できる先生にしかできないことだと思います。

最後に

まとめ

今回は、絵心がないと思っている先生に向けて、その不安を図工の指導に活かすポイントをご紹介しました。

絵心がないという不安を図工の指導に活かすポイント

絵心がなくても大丈夫!図工の授業に必要なこと

絵心がないという不安は、図工の指導に活かせる

  • 絵心がないと思っている先生の方が良い指導をする!?
  • 自己流で授業を進めることがない
  • 子ども達の作品を修正しすぎない
  • 図工が苦手な子どもの気持ちに寄り添える

改めて、絵心がないことは図工の指導に全く関係ありません。

こんな風にたくさん情報収集をして、授業をより良くしようとされている先生方は素晴らしいです!自信を持って、楽しく授業をしてくださいね。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

友だち登録で無料プレゼントもらえます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です